大相撲

■春14日目 琴奨菊の惨敗を読む

2016年3月26日

琴奨菊対白鵬戦は、白鵬の強さだけが浮き彫りになった
一番であった。琴奨菊はこれで6敗目となり、綱取り場所は
明日千秋楽を待たずして、惨敗に終わった。 負けたのは
隠岐の海とまだ対戦のない鶴竜を除いた大関3人・横綱
2人である。

それにしても前半は、先場所の勢いそのままの相撲内容で
あった 。強い琴奨菊であった。それがなぜ惨敗へと追い
込まれたのか。力士に限らず、スポーツ選手が好調に見える
ときは2つの理由が考えられる。心身ともに充実しているか、
反対に何か不安があって、それをおし隠すために飛ばすぎて
しまうときである。

琴奨菊は結果からみると、後者ということななる。やはり、
イベントが多すぎ、稽古に集中できる環境ではなかった
ことになる。筆者はあまりの好調に、前者の見方をしていた
が、立ち合いの変化に対応できない琴奨菊は、限界を露呈
していた。

白鵬が復活してきたら、琴奨菊の優勝のチャンスは今後
ないかもしれない。それは同時に横綱昇進がないことを意味
する。横綱とは常に優勝争いをし、最低でも12勝をあげられ
る力・責任が必要である。もっとも、横綱は本来、2場所連続
優勝でなれる軽い存在ではない。

まんべんなく稽古を積み重ねることができなかった琴奨菊に、
ある相撲通が言った。「相撲をなめくさるんじゃねえ」と。

<大阪情報>
大相撲なにわ場所今秋開催決定。10月16日の日曜日、同じ
エディオンアリーナ大阪で大相撲の巡業がおこなわれる。本
場所並にマス席を組むことはないだろうが、どんな巡業になる
か、興味津々である。開場8:00、打ち出し15:00である。チケッ
トは今年の夏に全国一斉発売。詳細情報は、続編情報をお待
ちくださいとのこと。東京からすでに行くことを決定した方がいる
ほどである。

大阪から大相撲情報をお送りします。
マーク2カ所をクリックして応援してください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 
 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.