大相撲

昭和・平成の10大ニュース11 順位

2015年11月17日

最後に昭和・平成の10大ニュースの順位をつけてみる。
これは異論反論が出てくるのはやむを得ないと思うほど
難しい作業であった。衝撃やそれ以降の時代に与えた影
響を考慮して次のようになった。

1.八百長発覚と大量処分
2.春秋園事件
3.玉の海急死
4.双葉山69連勝でストップ
5.白鵬、大鵬の優勝32回超え
6.大鵬の連勝記録が誤審でストップ
7.両国国技館誕生
8.九重部屋破門独立
9.両国国技館から蔵前国技館へ
10.東西合併

ほかにも玉錦急死、千代の山横綱返上問題、出和海理事
長自殺未遂事件、栃若史上初の千秋楽全勝同士で決戦、
つきて手かかばい手か北の富士対貴ノ花戦で微妙な判定、
大関戦で初の無気力相撲認定、押尾川篭城事件、双羽黒
前代未聞の横綱廃業、若貴ブームで666日連続満員御礼、
貴乃花・宮沢りえ世紀の婚約と破談、若貴兄弟横綱誕生、
貴乃花鬼の形相で優勝、朝青龍2場所出場停止処分、新
弟子暴行死事件、大麻事件、野球賭博事件、白鵬63連勝
でストップなどものすごい内容が目白押しあったことを
付記しておく。

いつもご愛読ありがとうございます
下部2カ所をクリックして応援してただければ幸いです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 


相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑         

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.