大相撲

横綱の休場率2

2015年10月11日

大正15年、新聞社制定優勝から協会が認定する優勝へと
変遷した。優勝制度上解消しなければならない問題が、
いくつかでてきた。預かり、引き分け、対戦相手が休場
すると自分も「や」扱いになる点である。

取り直し制度はいつからできたのか。星取り表上預かり、
無勝負がなくなったのは大正15年春場所(1月)である。
しかし、制度として正式に決めたのは前年の11月である。
取り直しは現在のように、すぐ取り直さず、2番後であ
った。それでも勝負がつかないときは、別の日に再戦し
た。

不戦勝制度は昭和2年関西でおこなわれた十月場所から
10日目・千秋楽の幕内限定で適用された。それ以前には、
熱戦後取り直しで一方が疲労が激しく、棄権したため不
戦勝になったことがある。不戦勝の制度が徹底していな
かったため、不戦勝は正規の勝ち星より劣るといった考
えが一人歩きしていた。そのため、昭和3年3月正式に
不戦勝不戦敗制度が確立して、これ以降不戦勝の力士は
土俵で勝ち名乗りを受けるようになった。

常の花 絵
<常ノ花の絵葉書>

横綱でいうと3代目西ノ海と常ノ花は前制度と新制度の
端境期で途中から取り直し制度と不戦勝不戦敗制度の適
用を受けている。不戦敗は出場していないので休場扱い
にした。そのためここから(休場数+不戦敗)÷出場機
会×100=休場率となる。なお、場所中の引退は途中休
場扱いしていない。

宮城山は大阪から来た横綱だが、扱った数値は東西合併
後のものである。宮城山・3代目西ノ海・常ノ花から、
横綱審議委員会が誕生する以前の東富士までの横綱の休
場率は以下である。
横綱の休場2A
ここでワーストの記録が誕生する。武蔵山である。皆勤
1場所、休場率は驚異の72%である。休場だらけの横綱
である。今後この数字を超える横綱はおそらく出るまい、
と思うほどのひどさである。横綱最弱は前田山ではなく、
武蔵山である。昭和6年大阪場所、沖ツ海との対戦で破
壊された右腕は骨折と脱臼のため後遺症を引きずってい
た。悲劇の横綱だった。
武蔵山。
<武蔵山のブロマイド>
 
国民的英雄であり、第一人者の双葉山は10.62%の休場
率で、このなかでは一番いい数値である。横綱50人中7
位である。双葉山の初休場は昭和15年夏場所である。こ
のとき「信念の歯車がくるった」という有名な言葉を残
している。九州の山にこもって滝に打たれて苦悩から抜
け出した。
双葉
<双葉山のブロマイド>
 
双葉山以前に時代を築いた玉錦も休場率は少ない。双葉
山についで横綱50人中8位である。玉錦は巡業中虫垂炎
にもかかわらず、医者にいかない、腹を温めるなど対応
を誤ったことが致命的になって命を落としている。享年
35歳であった。
玉錦
<玉錦のブロマイド>

羽黒山は双葉山の弟弟子で相撲は堅実であった。戦後の
相撲界を支えた逸材であった。休場が多いのは昭和22年
の巡業中での稽古でアキレス腱を切ったためである。横
綱在位が30場所と当時としては最長在位だった割に皆勤
は19場所と寂しい数値になっている。
羽黒山 
<羽黒山のブロマイド>

引き続きほかの横綱の休場率を見ていく。

ご愛読いつもありがとうございます
よろしければ下部2カ所をクリックして応援してください。
よしなに
”土俵の目撃者”
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 


相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑    

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.