大相撲

大相撲冬の時代の10大ニュース 2011年2

2015年9月1日

5位待望の日本人大関琴奨菊誕生
七月場所3場所通算32勝で昇進を見送られながら、屈す
るところなく九月場所で12勝をあげ、文句なしに大関に
昇進した。日本人としては2007年九月場所の琴光喜以来
である。入幕して34場所かかっての昇進である。相撲の
名門明徳義塾高校(朝青龍、朝赤龍、栃煌山を輩出)出
身。S氏・H氏が4位に、TM氏が5位に、T氏が7位
にあげている。
110928琴奨菊大関 069
<琴奨菊、大関に昇進>
 
4位魁皇通算最多勝利達成を花道に引退
大関魁皇が七月場所で千代の富士の通算最多勝利1045勝
を破り、1047勝を達成。しかし、負けが先行し、この場
所限りで引退した。23年と1場所かかっての記録である。
39歳を目前にした年齢まで取り続けた。人気は抜群で、
同期には貴乃花、若乃花、曙などがいる。H氏が3位、
TM氏・S氏が4位、T氏が6位にあげている。
110716名古屋七日目幕内 893
<魁皇、安美錦から最後の勝利>
 
3位八百長余波 興行色なしの技量審査場所の実施
5月、いっさいの興行色をなくし、無料で実施したのが
技量審査場所である。NHK放送なし、優勝は優勝旗の
み、懸賞金なし、三賞あり、しかし成績は本場所と同様
に扱い,記録される。そのほか、番付なし、国技館サー
ビス会社営業せず、のぼりなし、パンフレットなしとい
う寂しいなかで取組が進行していった。H氏が2位、3氏
が3位にあげている。
110508風景 002
<技量審査場所の光景>
 
2位八百長発覚で春場所中止
八百長問題が解決しない限り、本場所は開けないという
方針のもと三月場所と2010年の巡業の中止が発表された。
2月4日のことである。本場所の中止は戦争で被災した
国技館修復が遅れた昭和21年夏場所以来である。H氏が1
位に、T氏・S氏が2位に、TM氏が3位にあげている。
毎日
<八百長問題を報じる毎日新聞>
 
1位証拠はメール 八百長発覚と大量処分
これまで八百長の疑惑はあったが、証拠がなかった。相
撲協会もあくまでないと言ってきた。しかし、初めて物
的証拠が出てきた。それは携帯メールの削除した内容を
復元することでうかびあがった。2月2日毎日新聞がス
クープした。八百長に関与したと思われる力士、親方が
引退勧告、解雇、2年間の出場停止などで二十数名が処
分された。全員1位にあげている。
スポニチ
 <八百長力士認定を報道するスポーツニッポン>
 
☆      ☆     ☆     ☆     ☆     ☆
2011年は大相撲史上最大の屋台骨をゆるがす八百長問題
が発覚した。またもお詫びのオンパレードとなった。
2010年のこのコーナーでは角界の常識は世間の非常識。
新生相撲協会としてファンの声に耳を傾けていただきた
い、と書かせていただいた。どれだけ実行してきたのだ
ろうか。お客さんと協会の思惑に違いがあれば興行はう
まくいかない。1場所に何回観戦にきたかのリピーター
の調査も必要である。今後はお詫びのない年であってほ
しい。

記事をお読みいただきありがとうございます
よければこちらをクリックいただけると幸いです。
おかげさまで相撲人気ブログランキングで
好順位をいただきました。ありがとうございます。
にほんブログ村へも宜しくお願いします。”土俵の目撃者”
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


相撲 ブログランキングへ 

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑    

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.