大相撲

引退旭天鵬 力士人生最高の喜びの時

2015年7月30日

1992年の入門以来23年半にわたる力士生活にピリオドを
うった旭天鵬。本人が最高と語るのは2012年五月場所の
初優勝のときである。この場所第一人者の白鵬は不調。
初日安美錦に敗れ、6日目から8日目まで3連敗してい
る。14日目を終えて大関稀勢の里・前頭4枚目栃煌山・
前頭7枚目の旭天鵬が3敗で並んだ。
千秋楽は思いもかけないことが待ち受けていた。栃煌山
の対戦相手である大関琴欧洲が千秋楽休場したのだ。そ
のため、栃煌山は不戦勝で12勝をあげることが確定して
しまったのだ。観客の中にはこのことを知らない方がい
る。知った者では「琴欧洲は這ってでも土俵に上がれ」
と憤る方もいた。

20120520千秋楽幕内 1161
<琴欧州休場>

一番しらけるのは旭天鵬・稀勢の里が負け、不戦勝の栃
煌山が単独で優勝が決定した場合である。それだけは避
けてくれという悲痛な叫びのなか関脇豪栄道と旭天鵬が
立ち上がった。旭天鵬は落ち着いて豪栄道を寄り切った。
20120520千秋楽幕内 931
<旭天鵬、豪栄道を倒す>
 
稀勢の里は念願の初優勝を期待する方がいたが、終盤栃
煌山・白鵬に連敗し、3敗になってしまっていた。千秋
楽の大関把瑠都との一番、稀勢の里は明らかに堅くなっ
ていた。把瑠都の前に屈し、優勝戦線から脱落した。
20120520千秋楽幕内 1517
<稀勢の里、把瑠都に敗れる>
 
こうして栃煌山、旭天鵬による史上初の平幕同士の優勝
決定戦が実現した。本割では旭天鵬が勝っている。立ち
上がるや栃煌山果敢に出るが、旭天鵬の左への回り込み
についていけず土俵に這い、旭天鵬の初優勝が決まった。
西の花道奥に友綱部屋の関取衆が戻ってくる旭天鵬を涙、
涙で迎えていた。
旭ー栃
<栃煌山と旭天鵬の優勝決定戦>

こうして初優勝を達成した旭天鵬の優勝風景をご覧いただき結びとしたい。
旭優勝
<賜杯を受ける旭天鵬>           <優勝インタビューで喜びを語る旭天鵬>
20120520千秋楽表彰 523
<優勝パレード 旗手は白鵬>
20120520千秋楽表彰 595
<打ち上げパーティでかつての師匠元旭国とおかみさんから祝福を受ける>

記事をお読みいただきありがとうございます
よければこちらをクリックいただけると幸いです。”土俵の目撃者”
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


相撲 ブログランキングへ 

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑   

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-,

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.