大相撲

九月場所をふりかえる

2014年9月30日

●大相撲人気
3日目以外はすべて満員御礼は予想以上で大相撲人気は
最高潮に達している。今年(2014年)の東京場所は一月
場所が1日の平均観客数は8819人、五月場所は9331人と
これだけでも驚きの数字なのに、九月場所は1万75人と
ついに1万越超えを達成した。ちなみに昨年(2013年)の
九月場所は1日の平均観客数は8495人だから場所ごとに
アップしているのがわかる。

これまで遠藤人気が大きかったが、今場所は新怪物逸ノ城
見たさが拍車をかけた。また今までは出身地の大阪限定?の
勢が人気が出てきている。南門から入場する力士は人垣で
先導する付け人しか見えないという状況である。相撲協会が
行っている和装dayプレゼントや公式SNS登録後に画面
からアンケートに答えるともらえる力士うちわプレゼント
など「ご来場お楽しみ企画」もプラスに働いている。

●優勝争い
日馬富士休場、鶴竜優勝戦線脱落で白鵬の一人勝ちかと
思われたが、逸ノ城の予想をはるかに超える活躍で終盤は
盛り上がった。白鵬対逸ノ城戦が実現したのもよかった。
2010年十一月場所、横綱白鵬と前頭8枚目の豊ノ島は
1敗で終盤に突入。当時は白鵬が一人横綱で大関が4人
いたが、日馬富士は途中休場。豊ノ島は把瑠都、魁皇の
2大関を倒したが本割での白鵬との直接対決はなかった。
それからみると取組編成は一歩進んだ。
140928千秋楽表彰 854
●白鵬31回目の優勝
白鵬はほとんど万全の相撲だった。ぐらついたのは大砂嵐
戦。それとまたもや豪栄道に負けたのはいただけなかった。
しかも豪栄道は不調だったからなおさらである。14日目
逸ノ城との1敗決戦を制したのはさすがだった。ほかの
上位陣がくずれるなか31回目の優勝達成で、大鵬の32回
優勝にまた一歩近づいた。

●新大関豪栄道
豪栄道は8勝に終わった。これで豪栄道に大関の地力が
ないことが証明された。もっとも豪栄道に限ったことで
はない。昭和・平成の大関で大関合格は清水川ひとりで
ある。名ばかり大関だらけで実力はせいぜい三役定着程度
がほとんどである。

●逸ノ城
九月場所を一番面白くした力士。横綱戦1勝1敗、大関戦
2勝と快進撃。体のデカさだけが注目されているが、研究
熱心で頭脳的な取り方をする。稽古場で自分の攻めが通用
しないとなると本場所では変えてくる。13勝2敗はでき
すぎ。
140510夏初日前日 011
●遠藤
3勝12敗、これが遠藤の成績である。口の悪い方は遠藤
バブルははじけた。これで遠藤は文字通りジ・エンド
などと言っている。遠藤は惨敗で何歩も後退である。
しかし、このまま終わってはいけない。なぜ負けたかを
徹底的に検証し、稽古で何を身につけ、強化すべきかを
明確にすることである。再び立ち上げれるかどうかで
遠藤の評価が決まる。

●十両優勝栃ノ心
4場所連続休場で幕下まで陥落した栃ノ心が十両で15戦
全勝で優勝した。幕下陥落後は幕下で連続優勝して十両に
復帰した。先場所は本割・優勝決定戦と今話題の逸ノ城に
連勝して十両優勝、そして九月場所も全勝で優勝した。
ケガで思い切って休んで成功した。以前より強くなった
ようにさえ思える。
140727千秋楽十両 762
<七月場所十両優勝決定戦栃ノ心対逸ノ城>
 
●点数
優勝争いが盛り上がったし、逸ノ城の話題が一般にまで
及んだ点はよかった。反面鶴竜は千秋楽結びで横綱決戦で
優勝を争えなかった。そろってお粗末な大関陣。土俵を
わかせた嘉風、勢、惨敗した遠藤、多数の休場者をひっ
くるめると今場所は82点である。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-,

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.