大相撲

大関昇進、その成績 2

2014年8月6日

■系統別総当たり制 ◎は優勝
          5場所前 4場所前  3場所前 2場所前   直前    合計
若羽黒 10勝5敗 10勝5敗 7勝8敗 11勝4敗 12勝3敗 50勝25敗
柏戸   8勝7敗  9勝6敗 9勝6敗 10勝5敗  11勝4敗 47勝28敗
大鵬 7勝8敗 11勝4敗 11勝4敗12勝3敗◎13勝2敗54勝21敗
北葉山  11勝4敗  9勝6敗  8勝7敗  9勝6敗 1 1勝4敗 48勝27敗
佐田の山11勝4敗 8勝7敗 8勝7敗 9勝6敗◎13勝2敗 49勝26敗
栃ノ海   8勝7敗  9勝6敗  9勝6敗  9勝6敗◎14勝1敗 49勝26敗
栃光      8勝7敗 3勝12敗     中位     10勝5敗 13勝2敗 35勝26敗
豊山  7勝8敗 7勝8敗 12勝3敗 12勝3敗 13勝2敗 51勝24敗

栃光は3場所前は横綱・大関と当たっていないので4場所
の成績を記載した。

大鵬・柏戸が活躍する時代をみてみよう。若羽黒が大関に
なった1959(昭和34)年十一月場所から豊山が大関になった
1963(昭和38)年三月場所まで約3年半弱に大関は8人誕生
している。全般的に成績の甘さや乱造気味は変わらない。

大鵬は5場所前に負け越しがあるが、これが入幕2場所目
で上位初挑戦であった。大鵬はその前途・将来性は高く
大物になるのは間違いないと見られていた。その後の
4場所は文句なしの成績で大関に昇進した。直前の場所
では入幕6場所目に優勝している。この記録は未だに
破れていない。
 大鵬
<大鵬>
 
豊山は連続負け越し後12勝、12勝、13勝の直前3場所
抜群の成績で大関に昇進した、なお、この3場所に殊勲・
敢闘の三賞ダブル受賞を達成している。
豊山
<豊山>
 
佐田の山、栃ノ海は関脇優勝によるものである。佐田の山
も栃ノ海もそれ以外は1ケタ勝星が目立つ。安定した
成績よりも一時の勢いによる昇進だった。

若羽黒は3場所前の負け越しが気になる。北葉山は星数
不足で現代なら昇進はない。同じく栃光はもう1、2
場所見る所である。

大関は興行政策上安易につくられている傾向がある。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.