大相撲

■23初 4日目 豊昇龍、快調玉鷲を撃破

朝乃山が對馬洋を寄り切って4連勝と快調である。
四つ相撲ではまず、朝乃山のモノである。ここまで
貴健斗、千代栄、白鷹山と番付の近い力士が対戦相
手である。5日目も魁勝である。朝乃山に全勝優勝
を期待する方がいるが、先はまだ長い。なお、全勝
優勝は元小結の時点で、栃ノ心が成し遂げている。

4日目、好調同士の豊昇龍と玉鷲が激突した。とも
に3連勝というだけでなく、相撲内容がいい。勢い
を感じさせる。離れて玉鷲、組んで豊昇龍というよ
うな単純な図式ではない。真っ向からぶつかれば、
まさるのはどちらか。立ち合いがカキになる。

<豊昇龍、玉鷲を圧倒>

相撲はこう展開した。
玉鷲が突き離しから揺さぶりをかけるも、豊昇龍が
すばやく前褌を引くと、一気に正面土俵に寄り切っ
た。豊昇龍の勝因はあたり負けしなかったことであ
る。また、豊昇龍の気迫・闘志はすばらしい。

前日貴景勝と熱戦を展開した大栄翔が、浮上してき
た。今場所出場力士番付ナンバー2の若隆景を最高
の相撲で一気に押し出した。押し相撲は型にはまる
と怖い。若隆景は何もできずに完敗した。

<大栄翔、若隆景に完勝>

阿炎の突き押しがさえまくっている。思いきりがい
い。泳がされることはない。4日目の対戦相手正代
に対してもいささかの迷いもなく、突き出した。阿
炎が連続優勝すれば関脇以下では始めてのことにな
る。とにかく阿炎の相撲はすばらしすぎる。

<阿炎、正代を退け4勝>

豊昇龍対阿炎はいつ組まれるのか。後半の楽しみに
したいところである。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.