大相撲

横綱の連続休場4

怪童北の湖は横綱フル出場連続43場所の記録をもつ。
22回目の優勝3場所後に横綱初休場している。連続
休場はまず、不戦敗を含み18連続休場している。
1場所フル出場後に6場所連続休場している。その
中で不戦敗を含み52連続休場している。北の湖は新
国技館に登場するために休場で延命してきた印象が
あるが、それは2場所連続休場にすぎなかった。ただ
相当弱っていた。新両国技館では2日間土俵にあが
り、2連敗して引退した。

<北の湖>

2代目若乃花は17場所連続横綱出場後3場所連続休場
している。その中で不戦敗を含み28連続休場して
いる。最後の優勝となった4回目の優勝は3場所連続
休場の3場所前である。素質・素材はすばらしく北の
富士級の横綱になれると思われたが、4回の優勝で
終わった。最後の優勝から14場所後に引退した。

<若乃花>

三重ノ海は横綱になることはないと思われたが、突如
強さを発揮した。横綱昇進直前に優勝はないが横綱に
推挙された。横綱としては短命であったが、連続優勝
と全勝優勝を達成している。横綱連続休場は不戦敗を
含み21連続休場がある。その翌場所引退した。

ウルフ千代の富士は新横綱の場所を途中休場するなど
不吉なスタートとなった。横綱は59場所務めたが、
連続休場は意外と少ない。不戦敗を含めて28連続休場
がある。その翌場所引退している。引退場所の初日
貴花田と運命的な対戦をしている。終始いい体勢を
くずされなかった貴花田が歴史的勝利を納めている。

<千代の富士>

おしん横綱隆の里は、青森から同じ夜行列車で上京
した2代目若乃花に出世の面ではかなり遅れをとっ
た。それでも一時期千代の富士との優勝争いでは勝ち
越して存在感を示した。横綱9場所目から4場所連続
休場している。そのなかで不戦敗を含み42連続休場
している。2場所後2場所連続休場して翌場所引退
した。

<隆の里>

双羽黒は立浪(元安念山=2代目羽黒山)親方と衝突
して前代未聞、現役のさなかで相撲界を去った。これ
は横綱10大史にはいるほどの出来事だった。当時理事
長だった春日野(元栃錦)がのり出し、双羽黒の意思
を確認しやむなしの結論となった。双羽黒の横綱在位
は8場所と短く、2場所にまたがる連続休場はなかっ
た。双羽黒は優勝なしで横綱に昇進し、横綱になって
も優勝がなかった。その反動で以降の横綱は旭富士
から日富士まで2場所連続優勝が横綱昇進の絶対条件
になった。

(この項目続く)

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.