大相撲

横綱優勝次点番付

高校野球には春・夏の大会の準優勝表彰は
あるが、大相撲の表彰は優勝者だけである。
かつて相撲専門誌の読者欄で大相撲の準優勝
の表彰を提唱した意見があった。一方で初代
若乃花の二子山は「それをすると甘くなっ
ちゃうから」と言っていた。優勝力士は覚え
ていても優勝次点力士は忘れがちである。
そこで最高位横綱の優勝次点番付を作成して
みた。

ここでいう優勝次点だが、複数いる場合は
番付上位とした。五月場所は11勝4敗が大栄
翔、隆の勝、佐田の海と3人いるが、番付
上位の大栄翔とした。また数字的には次点
でも横綱・大関との対戦が不十分なケースは、
さらに次の成績の力士にした。対象は優勝
制度がスタートした大正15年以降とした。
その結果最高位横綱の優勝次点番付は次の
ようになった。

トップは19回の白鵬である。白鵬が初優勝
したのは平成19年五月場所だが、それまでに
3回優勝次点を経験している。優勝回数が
優勝次点回数を超えるのは時間の問題だった。
優勝と合わせと64回だから途方もない数字に
なる。まさに超人的強者だった。

<白鵬(右)>

次が北の湖の17回である。21歳で横綱になっ
たから息が長かった。昭和49年は3場所連続
次点になっている。昭和52年は年4回次点
だった。ただ、17回次点のうち優勝決定戦で
5回負けた分が入っている。

<北の湖>

優勝5回の柏戸が優勝次点15回を記録して
いる。このうち11回は大鵬が優勝している。
大鵬が6連覇したとき、柏戸は5連続次点
だったことがある。柏戸は大鵬時代の影に
隠れた存在だった。佐田の山も同様である。
11回の優勝次点のうち大鵬優勝は8回もある。
「自分がいることで最も苦労したのは佐田の
山」と大鵬は語っている。

<柏戸>

貴乃花の場合前期曙、後期武蔵丸がライバル
であった。曙優勝、貴乃花次点は5回、貴乃
花優勝、曙次点は7回であった。武蔵丸優勝、
貴乃花次点は2回、貴乃花優勝、武蔵丸次点
は7回に及んでいる。貴乃花はほかに同部屋
の若乃花、貴ノ浪の優勝時の次点がある。
特に貴ノ浪とは優勝決定戦で2回負けている。

<貴乃花>

ライバル玉の海と北の富士は、次点が9回、
3回と差がついてしまった。これは安定感の
あった玉の海に対し、北の富士は調子相撲
だったことが大きい。燃える要素があると
強い北の富士。いいときはいいが、そうで
ないときはあっさりしていた。

<北の富士>

年4場所から2場所時代の玉錦が、12回の
優勝次点はいささか多い。群雄割拠から第一
人者へ変遷している。横綱不在時は最強で
あった。ようやく横綱になったもののだいぶ
据え置かれてきた。双葉山の台頭とともに
第一人者の座を追われた。

<玉錦のブロマイド>

現役では照ノ富士が6回、貴景勝が5回、
高安が4回優勝次点になっている。朝乃山は
3回だが、復帰が待たれる。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.