大相撲

2022年五月場所直前考

今年のゴールデン・ウィークは特に制限が
なく、久々に人があふれ、渋滞が見られた。
コロナ禍で足が遠のいた大相撲ファンは戻っ
てくるのか。1階席は土日売り切れ、9日目、
10日目以外は残りわずかである。経験則だと
飛行機の座席の残りわずかとは異なるようで
ある。イス席は15日間購入できる。(5月
7日10時半現在)

コロナ禍の制限はないが、感染者はまだまだ
おり、影響は残りそうである。マスクや禁酒
は続きそうである。逸ノ城は感染で初日から
休場である。ワクチンで重症化は少なくなっ
ているが、感染に関しては油断できない。
2月、嘉風の引退の相撲で関取70人中出場は
26人になったのは約3カ月前の出来事である。

<休場逸ノ城>

初日の取組が決まった。休場明けの照ノ富士
は小結大栄翔である。ある程度予想された
こととはいえ、一番いやな対戦相手となった。
照ノ富士は踏み込んで後退しないことである。
御嶽海は先場所何もできずに負けた高安で
ある。御嶽海は同じ轍を踏まないことである。

<休場明け照ノ富士>

先場所の優勝者関脇若隆景の五月場所は比較
的好意的な見方が多いようである。勢いが
あるときは誰しもよく見える。しかし、デー
タ的にはそうはいえない現実がある。関脇
優勝は大正15年の優勝制度開始以降、若隆景
を除いて31例ある。翌場所の成績は270勝147
敗29休で勝率は6割4分7厘。1場所9.7勝
である。

関脇優勝の翌場所優勝しているのは双葉山と
2回目の関脇優勝の照ノ富士のみである。
負け越しは6例ある。2敗以内及び15日制で
12勝3敗以上の好成績は5例しかいない。
10勝・11勝は9例である。関脇優勝の翌場所
8勝・9勝は7勝6敗の増位山を含め9人
いる。関脇優勝の翌場所は必ずしも楽観でき
ないことがわかる。

<先場所優勝の若隆景>

優勝は誰になるか。先場所は関脇以下の優勝
争いになった。照ノ富士は今年優勝がない
だけにねらいたい。大関も誰か一人千秋楽を
迎えて優勝圏内に残っていただかないと困る。
番付は何のためにあるのか。五月場所の優勝
争いは原点に戻った姿であるべきだ。いよ
いよ五月場所が始まろうとしている。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.