大相撲

2021年大相撲10大ニュース8位・7位

■8位 照ノ富士ハイレベルの年間最多勝77勝

低レベル年間最多勝が4年続いた。それを
打破したのが照ノ富士であった。77勝13敗。
年6場所制となって64年。77勝以上の年間
最多勝は22回しかない。照ノ富士の偉業が
いかにすばらしいもであったか。照ノ富士が
いなければ55勝35敗の御嶽海になっていた。
これでは大相撲のレベルダウンが続いていた
ことになる。

<年間最多勝の表彰>

なお、77勝以上の年間最多勝は白鵬が5回、
北の湖が4回、貴乃花が3回、大鵬・輪島・
朝青龍が2回と続いている。照ノ富士が複数
年間最多勝77勝以上を取ることになれば、
彼らの仲間入りをすることになる。

S氏が3位に、T氏が6位にあげている。

■7位 白鵬対照ノ富士千秋楽全勝決戦

晩年の白鵬は休場が多くなっていた。フル
出場したのは無観客で開催した2020年三月
場所であった。さらに、右ひざの手術をし、
リハリビを経ての七月場所出場であった。
白鵬は何日目に引退するか。これが当然の
見方であった。

<激突!白鵬対照ノ富士>

一方照ノ富士は三月場所関脇で優勝して大関
に復帰した。続く五月場所も優勝して連続
優勝した。迎えた七月場所は横綱をかける
場所となった。

七月場所は意外な展開となった。白鵬が白星
を重ね、調子をあげていった。危なかったの
は4日目の隆の勝戦であった。一瞬後ろを
みせたが、薄氷ながら勝利した。照ノ富士は
まったくスキのない安定感ある相撲を取り
続けた。照ノ富士は十一月場所全勝優勝した
が、相撲内容は七月場所のほうが上だった。

<白鵬が全勝優勝>

ついに千秋楽、白鵬と照ノ富士は14戦全勝で
激突することになった。相撲は白鵬の怪しい
かちあげから始まった。離れての相撲から
張り手合戦。そして右四つ。白鵬上手十分。
照ノ富士上手取れず。白鵬が投げにいくが、
上手が離れ小手なげ。これを連続して勝負を
決めた。白鵬最後の45回目の優勝であった。
また、照ノ富士の横綱昇進が決定した。

T氏が3位に、S氏が6位にあげている。

九州へ荷物を送ります。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.