大相撲

すれ違いの優勝争い2

昭和7年春秋園事件が勃発し、力士の大量
離脱がおきた。残った幕内力士では足りなく、
十両から繰り上げ入幕した。だが、取組は
東西制では無理があったため、系統別総あた
り制となった。これによって優勝者と次点
力士が同じ方屋で対戦がなかったケースが
消滅した。

ただ、番付差による対戦なしはそのままだっ
た。系統別総あたり制は昭和14年夏場所まで
続いたが、4例出ている。昭和14年夏場所、
優勝双葉山は15勝、次点松ノ里は12勝3敗と
3差がついていたので逆転はありえなかった。

<鏡岩のブロマイド>

昭和10年春場所、優勝玉錦と次点鏡岩が同系
統ということで対戦はありえなかった。二所
ノ関と二枚鑑札の玉錦と粂川(元鬼竜山)
部屋の鏡岩が同系統とはどういうことか。
玉錦の師匠2代目海山が亡くなったとき、
二所ノ関部屋の力士は粂川部屋に身を寄せて
いた時期があったためである。

双葉山の連勝がストップした昭和14年春場所、
優勝した力士は出羽湊であった。次点が同じ
出羽海部屋の肥州山であった。ともに小結戦
までで、横綱・大関戦はなかった。翌場所
上位に番付をあげた出羽湊は5勝10敗、肥州
山は3勝12敗とともに惨敗した。出羽湊優勝
の裏には八百長があったことがかなり経って
から判明している。

<出羽湊のブロマイド>

昭和15年から再び東西制に戻った。出羽系の
力士が幕内の半分近くを占めたことが大きい。
その反面ある時期双葉山対照國が実現しな
かった。双葉山対玉ノ海は永遠に失われた。

羽黒山は双葉山の弟弟子である。昭和15年
春場所には大関に出世していた。双葉山時代
の陰に最も隠れた存在だった。同部屋だから
直接対戦することはもちろんなかった。戦前
は2回しか優勝がなかった。羽黒山が台頭
したのは戦後であった。

<羽黒山のブロマイド>

その最初の場所昭和20年秋場所で10戦全勝で
優勝した。その場所期待の新入幕千代ノ山が
同じく10戦全勝の成績をあげた。対戦相手は
前頭3枚目以下だけだが、これが全勝で優勝
できなかった唯一の例となった。

めっきり冷え込んだ朝でした。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.