大相撲

年間最多勝と無縁の横綱2

2代目若乃花はその素質・素材は大きな期待
をもたれた逸材だった。元安藝ノ海の永田氏
は「北の富士級の横綱になれる」と見ていた。
実際は4回の優勝で、なんとなく低空飛行で
終わった感が強い。だが、2代目若乃花は
けして弱い横綱ではなかった。若乃花の年間
成績の主なものはそれなりに数字を残して
いる。

昭和53年 78勝12敗
昭和54年 71勝19敗
昭和55年 72勝18敗

<2代目若乃花>

優勝回数とは別に好成績をあげている。特に
昭和53年は抜群の成績だが、北の湖が82勝と
めっぽう強かった。北の湖は昭和54年、55年
77勝している。2代目若乃花は北の湖時代の
なかで埋没してしまった。

三重ノ海は31歳で横綱に昇進した。それだけ
に大きな期待はかけにくかった。実際短命
だった。だが、横綱で連続優勝した。その
うち1場所が全勝優勝したことが最大の花
だった。昭和54年には年間73勝17敗している。
大関から横綱にかけての成績であった。

双羽黒は優勝なしの横綱で知られている。
その反動からか旭富士から日馬富士まですべ
て連続優勝でなければ横綱になれなかった。
師匠立浪(元安念山=2代目羽黒山)と対立
して相撲界を去るという前代未聞の事件を
おこしている。幕内は20場所だが、1年間
フル出場したことがない。

<双羽黒>

大乃国は優勝わずか2回である。横綱23場所
で9場所休場(場所中の引退含む)、1ケタ
勝利2場所とさんざんな成績である。1年間
フル出場したのは大関時代および大関から
横綱に昇進したときである。昭和62年の66勝
24敗が年間最高成績である。

日馬富士は白鵬に22勝37敗(優勝決定戦を
含む)と最も肉薄したが、白鵬という壁は
こえられなかった。日馬富士は横綱に昇進
するとき、千秋楽全勝決戦で白鵬に勝ち、
さらに翌場所1敗白鵬を退け、連続全勝優勝
したときが最大の見せ場だった。平成24年、
25年にあげた69勝21敗が年間最高成績となっ
ている。

<日馬富士>

鶴竜は完全に白鵬の抑えられた力士である。
白鵬戦8勝44敗(優勝決定戦を含む)だから
完全に抑えられた。よく優勝を6回までもっ
ていったとさえいえる。ただ、横綱休場は
多過ぎた。横綱在位41場所中19場所休場で
ある。年間最高成績は平成26年大関から横綱
に昇進した71勝19敗である。

<鶴竜>

稀勢の里は大関時代に年間最多勝について
いる。年間最多勝は相対的なものとはいえ、
運不運はつきまとっている。

ようやく秋になりました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.