大相撲

照ノ富士の優勝回数を予想する

九月場所の優勝候補は照ノ富士しかいなく、
その通り照ノ富士が優勝した。きたる十一月
場所も状況は変わらない。妙義龍が優勝争い
をしたからといって、上位と連日対戦する
地位で優勝争いに再び加わるとは考えにくい。
現に妙義龍は今年(2021年)の三月場所、
五月場所は上位で負け越している。

<初優勝>

それでは照ノ富士は今後何回くらい優勝でき
るのだろうか。崩れない限り十一月場所の
優勝は固そうである。場所後照ノ富士は30歳
になる。照ノ富士を脅かす存在はいない。
30歳で年3回優勝できれば上出来である。
気になるのはやはり両膝の具合である。師匠
伊勢ヶ濱(元旭富士)の定年は2025年の7月
である。そこまでもてば横綱は4年務める
ことになる。

<2回目の優勝>

次の横綱は照ノ富士の現役中には誕生しない
かもしれない。一人横綱で29歳に横綱になり、
両膝に不安を抱える前例はない。問題はいつ
照ノ富士が横綱としての苦闘が始まるかで
ある。仮に32歳とすると31歳で2回優勝、
それ以降は1回優勝があるかないかとすると
11回~12回になる。鶴竜の6回、日馬富士の
9回を超えることになる。

<4回目の優勝>

元大関が序二段にまで落ちて幕内に復帰した。
このとき誰も大関への復帰は考えられなかっ
た。まして大関2場所で横綱にまで駆け上が
るなど夢のまた夢であった。そんなとてつも
ない奇跡を見せてくれた照ノ富士である。
優勝予想は11回~12回とでたが、もっと大き
な夢を見させてくれる、そんな可能性も考え
られる。

資料を整理。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.