大相撲

年間最多勝の変遷4

昭和29年、蔵前国技館が完成すると昭和30年
夏場所10日目に天覧相撲が実現した。その
夏場所千秋楽、大内山のやつでのような手が
栃錦を襲う。栃錦は防戦一方でたじたじ。
最後は飛び上がるように大内山の首を取った
栃錦がはなった首投げに大内山は弧を描いて
土俵に沈んだ。秋場所は横綱千代の山と関脇
若ノ花が17分に及ぶ死闘の末引き分けている。
その昭和30年の年間最多勝力士は大内山で
あった。横綱は4人いたが、成績にムラが
あり過ぎた。

<大内山のブロマイド>

昭和31年夏場所、大関若ノ花が初優勝を達成
した。若ノ花の人気はすさまじかった。昭和
3大人気力士に双葉山、若乃花、貴ノ花を
あげる方がいるほどである。秋場所を前に
悲劇が若乃花を襲った。愛児が煮えたぎる
ちゃんこをかぶってしまった。手当てのかい
もなく小さな命は天にめされてしまった。

若ノ花は数珠をかけて場所入りした。その
相撲は鬼神のごとく、相手をねじふせて連戦
連勝。だが、またしても若ノ花を不運が襲う。
13日目高熱に襲われて休場。千秋楽は出場
するつもりだったが、再び高熱で休場となっ
た。だがこの年、若ノ花は初めて年間最多勝
力士となった。それも1場所平均12勝以上
となる49勝10敗1休の好成績であった。

<若乃花のブロマイド>

昭和32年5月、出羽海(元常ノ花)理事長の
自殺未遂事件がおきた。かなり悲惨でショッ
キングな事件だった。出羽海(元常ノ花)
理事長の自殺未遂についてはかつてふれた
ので詳細はそちらを参照していただきたい。
かわって理事長に就任したのが時津風(元
双葉山)であった。この年は福岡開催が加わ
り年5場所となった。横綱栃錦が4回目の
年間最多勝に輝いた。ただ、これまで1度も
1場所平均12勝に達したことがなく、いか
にも物足りなかった。

昭和33年名古屋開催が加わり、年6場所制と
なり現在にいたっている。一月場所、優勝
した大関若ノ花の横綱昇進をめぐり横綱審議
委員会は4時間に及び激論につぐ激論となっ
た。そんな中で横綱若乃花が誕生した。当の
若乃花は「困ったなあ」と頭を抱えていた。
横綱は成績が悪ければ引退しかない。多くの
親兄弟を抱えてまだ引退するわけにいかなか
った。これを新聞でみた栃錦は「鬼といわれ
ていたが、若関も人間だね」と感想をもらし
ていた。この年は若乃花が75勝14敗1分の
好成績で年間最多勝力士となった。

<栃錦のブロマイド>

昭和34年は栃錦・若乃花の黄金時代であった。
五月場所千秋楽、1敗の若乃花が全勝の栃錦
を本割・優勝決定戦で撃破という予想外の
展開で劇的な優勝を飾った。七月場所は栃錦
が14日目全勝で優勝を決めた。栃錦の父が
名古屋の祝賀会に出席するために小岩の自宅
をでたところオート三輪にはねられ、帰らぬ
人となった。悲報のなか栃錦は千秋楽も勝っ
て初の全勝優勝を成し遂げた。この年、最終
場所の十一月場所、千秋楽の栃錦対若乃花戦
の勝者が年間最多勝となる展開となった。
栃錦が勝って77勝13敗で5回目の年間最多勝
力士となった。

(この項目続く)

デルタ株の猛威で引退相撲の行方が心配です。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.