大相撲

白鵬最終論

この1年、横綱白鵬のフル出場はついに1度
もなかった。成績は12勝4敗74休。目下6
場所連続休場中で全休は4場所に及んでいる。
これだけ休場したため、横綱のフル出場率=
横綱フル出場場所数÷横綱在位場所数は80%
を切って79%に落ちてしまった。また横綱
休場率=(横綱休場数+不戦敗)÷横綱在位
日数は18%に上っている。ともに休場を
続けていた鶴竜は三月場所の途中で引退を
発表している。ちなみに常陸山以降の東京
横綱で横綱フル出場率、休場率の順位は以下
である。

横綱フル出場率
玉の海 100%
栃木山 93%
鏡里  86%
男女ノ川83%
朝青龍 83%
栃錦  82%
大錦  81.8%
北の湖 81%
輪島  80.95%
日馬富士80.85%

1若乃花80.6%
佐田の山80%
白鵬  79%

白鵬は13位である。

横綱休場率
玉の海 0%
栃木山 6%
栃錦  8.8%
鏡里  9.5%
佐田の山9.8%
双葉山 11%
玉錦  12.319%
北の湖 12.326%
双羽黒 12.5%

白鵬の横綱休場率はランク外で23位である。

白鵬が横綱初休場したのは2015年九月場所で
あった。それまで横綱連続フル出場場所数を
48場所続けていた。これは横綱最高記録で
ある。以下は次のようになる。

白鵬  48場所
北の湖 43場所
大鵬  16場所
2若乃花16場所
朝青龍 16場所
輪島  15場所

横綱フル出場場所数でもトップである。

白鵬  64場所
北の湖 51場所
千代の富士46場所
大鵬  44場所
輪島  38場所
朝青龍 35場所
曙   35場所
柏戸  34場所
貴乃花 32場所

<嘉風に敗れ横綱初休場へ>

白鵬の初休場は初日隠岐の海、2日目嘉風と
連敗したあとにおきた。ともに初黒星の対戦
相手であった。30歳のときであった。ここ
から毎年休場するようになった。

2016年 1場所
2017年 2場所
2018年 4場所
2019年 3場所
2020年 4場所(年5場所)

<嘉風に敗退後の白鵬>

白鵬は七月場所待ったなしの立場である。
ここまで白鵬を引っ張ってきた要因に年寄株
の問題がある。日本国籍は取得していたが、
年寄株の購入はまだだった。だが、一代年寄
の声は聞かれない。そこへ有識者会議が一代
年寄無用論を持ち出してきた。横綱は5年間
現役名を名のれる。とはいえそれを試行して、
白鵬包囲網がしかれると行き場がなくなる

真偽はわからないが、貴乃花のようにいき
なり理事さらに理事長を狙うのを嫌った上
での一代年寄り廃止論がある。一代年寄は
人間を偉く思い込ませるというわけである。

貴乃花は北の湖にかわいがられた。二所一門
の意向に従わず、理事に立候補して当選した。
やがて貴乃花一門ができた。しかし、サラリ
ーマンの世界でもそうだが、上司が代われば
評価が変わるというのはよくあることだ。
結局貴乃花は自分がきっかけでできた一門を
自ら解散している。理事に支持した親方たち
の面子をつぶしている。

休場明け白鵬は長らく土俵を離れている。
一番気がかりなのは15日間戦える体づくりが
できているかである。三月場所は2日間出場
して、勝ちながら休場した。白鵬は間垣を
入手したという。華々しく散ってもその功績
はけして色あせることはない。

理髪店に行ってきました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.