大相撲

遠い通常開催の見通し

1月28日の理事会で三月場所は大阪ではなく、
東京開催と決まった。大阪開催をあらゆる
角度から検討していると報じられた割には
あっさり決まった印象である。もう少し議論
をして結論が先送りされるのかと思っていた
が、そういうことはなかった。

<両国国技館>

メリットとリスクの問題があり、リスクの
ほうが大きいということである。特に地方
ではコロナ対策は困難を極めるということ
である。コロナ禍で大規模な移動は東京と
大阪の2度のPCR検査が必要ということ
である。また、宿舎が確保できるかわから
ない部屋がでてくるという。感染力士が出た
場合、入院が困難になるなどがリスクになる。

東京で開催予定だった大相撲トーナメントは
チケットを販売しながら、中止を決定した。
NHKの福祉大相撲も昨年開催中止を発表
している。

<日本大相撲トーナメントの案内>

となるとワクチンがそうとういきわたらない
限り、地方場所の開催は難しいことになる。
ワクチンは2月中旬から医療従事者を中心に
始まる。しかし、日本中にいきわたるのは
来年以降になるという。まだまだ時間がかか
るのである。

一月場所のチケッとは12月の第一土曜に予定
通り発売された。しかし、三月場所のチケッ
トの発売日、詳細は現時点では発表されて
いない。非常事態宣言の元では発表しにくい
のか。非常事態宣言は3月7日まで続く予定
である。

<協会のコロナ対応ガイドライン>

通常開催はまだまだ遠い。なんでもないよう
なことが実は幸せなことだったと、思わずに
いられない。

電気・ガス料金の明細がペーパーレス化に
なります。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.