大相撲

2020年大相撲10大ニュース8位・7位

■8位 2度にわたる幕尻優勝

大正15年に協会設定で優勝制度が始まって
以来大関貴景勝の優勝まで467場所が経過
した。そのなかで幕尻優勝はわずか3回しか
ない。そのうちの2回が2020年におこった。
最初の幕尻優勝は2012年三月場所の貴闘力で
あった。4横綱3大関がいて、3代目若乃花
は場所中に引退した。貴闘力は終盤に横綱
武蔵丸、曙と対戦したため、武蔵丸対曙の
横綱同士の対戦がなくなってしまった。

<幕尻優勝 徳勝龍>

貴闘力の幕尻優勝から約8年弱、一月場所で
徳勝龍が幕尻優勝を成し遂げた。先場所は
十両西筆頭で8勝7敗だった。それも4勝
7敗から4連勝して勝ち越したのである。
これがなかったら幕内入りはなかった。一月
場所は横綱白鵬・鶴竜が途中休場。大関豪栄
道は負けが先行して苦しい展開だった。徳勝
龍は大関貴景勝と正代だけの上位戦の幸運も
手伝って優勝した。

七月場所、横綱白鵬は10連勝した後2連敗
して途中休場。横綱鶴竜は序盤途中休場で
あった。さらに大関貴景勝は8勝したとたん
に休場した。そんな中で序二段まで落ちて
復活した幕尻照ノ富士が1敗同士の対戦で
大関朝乃山を撃破した。

<幕尻優勝 照ノ富士>

照ノ富士は千秋楽を2敗で迎えた。3敗は
朝乃山、正代、御嶽海であった。朝乃山と
正代は直接対決であった。照ノ富士は御嶽海
戦であった。単独優勝か、優勝決定巴戦か。
照ノ富士は踏み込んで左上手、右も挟み込む
ようにして上手まわしを取って、そのまま
出て寄り切り。この瞬間、照ノ富士の約5年
ぶり2回目の優勝が決定した。今年2度目の
幕尻優勝となった。 

A氏が3位、HR氏が4位に、KW氏が徳勝
龍の幕尻優勝として8位にあげている。

■7位 相撲部屋でクラスター(感染者集団)

猛威をふるう新型コロナウイルスは相撲部屋
を襲った。4月10日、幕下以下の力士一人が
PCR検査の結果、新型コロナウイルスで
陽性反応がでた。当初は一人だけか、という
意識があった。ところがそれから約半月後、
高田川(元安芸乃島)部屋で親方、十両白鷹
山、幕下以下4人の感染が判明した。相撲
部屋は師匠と弟子が稽古、生活をともにする
場である。幕下以下は共同部屋である。無傷
というわけにはいかない環境だった。

<スポーツニッポンの記事>

九月場所直前に玉ノ井(元栃東 子)部屋の
所属力士19人が新型コロナウイルスに集団
感染したことが判明した。緊急事態宣言が
解かれ、自主規制で注意している時期とは
いえ、人数も多く、ショッキングな出来事で
ある。相撲部屋はどうしても共同生活になる
し、稽古はどうしても密になる。親方はじめ、
無事な者もいる。かかった者も重症者はいな
いという。それでも玉ノ井部屋の者全員が
休場になった。

<サンケイスポーツの記事>

12月、新型コロナウイルスの感染拡大が止ま
らない。そして新型コロナウイルスはまたも
相撲部屋を直撃した。立浪(元旭豊)部屋
から7人、以前の3人を含め、計10人が感染
した。1人が入院中で、ほかはホテルで隔離
中という。相撲部屋のクラスターは3部屋目
である。そのせいかスポーツ新聞の扱いは
小さかった。

S氏・T氏が5位に、A氏が勝武士とひと
くくりで2位にあげている。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.