大相撲

2020年年間最多勝最終形

十一月場所を終了したことで今年1年間の
成績が確定した。九月場所までは正代と朝乃
山がトップを争っていたが、十一月場所で
ともに途中休場で早々と脱落した。このとこ
ろ年間最多勝は低レベルであるが、今年も
同様になった。今年の特徴は横綱が、いかに
休場が多かったか。また大関がいかに手薄
だったか。そんななかでの年間成績だった。

それでは、幕内1年間の成績はどのように
なったのか。なお、対象は5場所幕内に在位
した力士と年間3場所幕内在位の好成績者
照ノ富士、若隆景、琴勝峰とさせていただ
いた。年間4場所幕内在位の好成績者はいな
かった。単なる数字の比較ではなく、横綱・
大関の対戦率によってクラス分けさせていた
だいた。それが以下である。

すでにご存知の通り、2020年の年間最多勝は
貴景勝に決定した。成績は51勝21敗3休で
あった。七月場所では勝ち越したとたん休場
があり、九月場所まで38勝19敗3休ととても
年間最多勝に浮上できる要素はなかった。
繰上げ最多勝となった。1場所平均10.2勝で
ある。優勝は1回である。十一月場所の優勝
決定戦で負けていれば、優勝なしの年間最多
勝になるところだった。

<年間最多勝の表彰を受ける貴景勝>

1場所平均12勝は夢のまた夢になってしまっ
ている。軸になる力士の不在が続いている。
今年も混迷の時代であった。次点は正代で
ある。成績は48勝17敗10休と休場をともなっ
ても次点なのだから悩ましい。無事これ名馬
というが、ケガのない体づくり、稽古に取組
んでいただきたい。横綱柏戸はけがによる
休場が多かった。そんな柏戸を時津風(元
双葉山)理事長は「柏戸の体は瀬戸物か」
と言った。

<年間最多勝次点正代>

横綱・大関戦の成績が最もよかった力士が
北勝富士である。横綱戦3勝2敗、大関戦
4勝4敗である。横綱戦は1不戦勝を含ん
でいる。大栄翔も横綱戦2勝3敗、大関戦
3勝6敗と善戦している。照ノ富士の場合、
大関復帰を目指しているが、年間成績から
新大関誕生の気配はない。時間がかかり
そうである。

<大関復帰を目指す照ノ富士>

2021年は誰かが抜け出すのか。そして年間
最多勝をレベルアップしていくのか。閉塞感
を打破する力士の出現はあるのか。そうした
視点で2021年の大相撲を見守り続けていく。

寒くなってきました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.