大相撲

十一月場所のチケット状況

2020年11月1日

大相撲のチケットはある日突然発表される。
十一月場所も例外ではなかった。そのため、
相撲ファンでも知らずに過ごすことが出て
しまう。このあたりは工夫が必要である。
十一月場所チケットは10月20日から始まった。
今回は先行予約 が1次と2次に設定された。
2次が新しい。ともに3日間(48時間)ずつ
である。十一月場所から4人マスは2人で
利用することになった。先行予約は2人マス
のみが対象であった。

一般発売は27日10時からスタートした。今回
もインターネット販売のみである。新たに
1人マス、3人マスが利用可能になった。
角地のマス席が使用できるようになった。
そのため、数はそれほど多くない。ボックス
席は以前のまま2人利用である。マス席、ボッ
クス席は、土日は売切れである。一人マスは
15日間完売である。(11月1日7時現在)

<十一月場所の案内>

今まで一人マスだったため、今回もマス一人
分販売と思った方がいたようだ。だが、マス
席はマス単位の販売である。そのため、マス
席は購入したものの、一緒に観戦してくれる
方を探している者がいる。チケットが観戦日
前日の10時からしか発券されないために悩ま
しい。また、今回をきっかけにイス席に転じ
た者もいた。

イス席は3人あきが1人あきになる。マス席・
ボックス席は席を選択できないが、椅子席は
できる。協会からの注意がある。
※複数枚でお近くの席をご希望の方は「座席
選択」よりご購入ください。
※座席選択をせず、自動選択の場合、全く
違う方面となる可能性がございます。購入
完了前の席番表示を必ずご確認ください。
東西に記者席が設置されていたが、今回は
どうなるのか。イス席は15日間ある。(11月
1日7時現在)

九月場所は、祝日が2日間あったこともあり、
1階は10日間満員だった。今回は1週間前
でもチケットはある。新型コロナウイルスの
影響で大相撲から離れた方がいる。家での
テレビ観戦を優先したり、旅行にでかける方
もいたりする。なじみの顔で見かけなくなっ
た方もいる。こうしたなか、費用がかかり、
観客数が減少する地方場所は本当に実現でき
るのだろうか。いささか気になっている。

場所は1週間後に始まる。

米大統領選挙に注目しています。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.