大相撲

天空海の出世街道

天空海が新入幕を果した。天空海はあくあ
と読む。天空海はどのような出世街道を歩ん
できたのか。改めて振り返ってみた。体は
小学生の頃から大きくなった。高校時代、
下地は相撲ではなく柔道であった。大洗の
トドと呼ばれた。卒業後は専門学校へ進学し、
自動車整備士の資格を取った。しかし、格闘
技に挑戦しょうという思いがわき、立浪(元
旭豊)部屋に入門した。20歳であった。四股
名は最初豊乃浪だった。

<新序出世披露>

序ノ口から2年かかって幕下入りした。幕下
6場所目の2014年三月場所から天空海に改名
した。地元茨城県大洗町の水族館アクアワー
ルドに由来し、それに故郷の空と海をイメー
ジした。難読四股名天空海の誕生である。
四股名で注目されたが、関取になるのに時間
がかかった。序ノ口から7年(その間1場所
中止あり)かかって十両入りした。164勝
123敗○41であった。この間優勝はなく、
じわじわ番付を上げてきた。

<新十両>

しかし、新十両、再十両は大敗して1場所で
はね返された。3度の幕下時代は主に琴手計
(現琴勝峰)、霧馬山、炎鵬、翔猿、志摩ノ
海、舛の勝(現隆の勝)、石橋(現朝乃山)、
大輝(現北勝富士)、竜電、照強、佐藤(現
貴景勝)、琴恵光、錦木などと対戦している。
2019年琴手計(現琴勝峰)には2勝している。

<琴手計戦>

十両に定着したのは、つい最近で2019年の
十一月場所である。十両でも2進1大後退で
あったが、今年(2020年)の七月場所・九月
場所と連続10勝5敗で入幕を決めた。10年
(その間2場所中止あり)弱かかった。これ
は遅い部類に入る。固くなることがあり、
それが出世を妨げてきた面がある。長い道
のりであった。ここまで249勝203敗3休の
成績を残している。

<9月明瀬山に勝って10勝>

同じ立浪部屋の明生は40場所、豊昇龍は14場
所を要して入幕を決めた。その2人と番付の
地位を詰めてきた。天空海は11月で30歳に
なる。168キロ、突き押し相撲である。力を
出し切って、あたりから一気に出る相撲が
十一月場所見られる。

なべ料理が美味しい季節になりました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.