大相撲

高砂の系統8

2020年7月4日

昭和17年1月、前田山が4代高砂となった
とき、まだ大関だった。昭和22年秋場所横綱
に昇進したが、成績は不振だった。昭和24年
秋場所、初日勝っただけで、5連敗して途中
休場した。休場した前田山は大阪から帰京
した。

<前田山のブロマイド>

ところが両国から病院へ行く途中、車の中で
ファンからサンフランシスコ・シールズ対
巨人の日米野球のチケットを渡された。後楽
園球場で客席にいたが、横綱がいるという
ことで、試合前に撮影に引っ張りだされた。
そこで、オルドー監督と握手することに
なった。

ところが、これが新聞に掲載され、休場中の
横綱が野球観戦とは何事だ。という批難が
おきた。協会は前田山を大阪に呼び戻し、
事情を聴いた。前田山は途中出場することを
申し入れたが、これを協会は拒否し、出場
停止とした。前田山は追い詰められ、ついに
千秋楽引退せざるを得ない立場になった。
こうして前田山は引退した。世にいうシー
ルズ事件である。

引退した前田山は4代高砂として数多くの
弟子を育てた。横綱朝潮、関脇若前田、前ノ
山政三、高錦、愛宕山、前ヶ潮、小結富士錦、
関脇前田川、朝ノ海、東錦、朝岡、 大関前の
山太郎、小結高見山(のち関脇)、朝嵐など
がいる。特に外国人を本格的に入門させた
パイオニアであった。ハワイ出身の高見山を
入門させたいきさつはこうだ。

<高見山の記事>

高見山ことジェシー青年は高校でフットボー
ルをしていた。ハワイは日系人が多く、相撲
がさかんであった。7月4日の独立記念日
前後は各地で相撲大会が開催される。アマ
チュア相撲連盟の一行がジェシー青年に稽古
をつけたとき、その当たり、パワーに驚か
された。アマチュア相撲連盟の一人は大相撲
のハワイ、ロサンゼルス公演に同行していた。
ジェシー青年の入門話を高砂(元前田山)
団長にもちかけ、こうして高砂部屋入門が
決定した。

高見山の言葉も習慣も食事も気候も違う力士
生活が始まった。これだけでも大変である。
最も過酷だったのは稽古である。四股・テッ
ポウは毎日500回ずつやらされた。特に股わ
りは悲鳴をあげた。「目から汗が出た」と
いう名言はこのときのものである。

<高見山>

高見山の家は父が亡くなり、母と兄弟5人で
あった。長男高見山に生活がかかっていた。
成功の陰にはそんな一面があった。同時に
外国出身力士への入門の扉を開いたのであっ
た。

(この項目続く)

三月場所のチケット払い戻しを一括で送った
先からようやく振替払出証書が届きました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。
イラストとマークの2カ所をクリックして支援してください。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.