大相撲

横綱の対大関戦の成績11

26歳で横綱に昇進した千代の富士の力士生命
は予想以上に長かった。36歳直前まで相撲を
取った。横綱在位59場所、皆勤46場所はとも
に大鵬をわずかながら超えた。横綱千代の
富士の対大関戦は158番に及び、大鵬の142番
を超えて、この時点でトップに立った。成績
は116勝42敗(優勝決定戦1勝、1不戦勝
3不戦敗含む)であった。横綱の対大関戦の
勝利数は大鵬の120勝に及ばなかった。

<千代の富士>

大関戦の連勝数は16で、横綱大鵬の19は超え
られなかったが、立派な数字である。大関戦
の連勝は、昭和63年一月場所千秋楽に大関
旭冨士に負けたあとの五月場所から(三月
場所は全休)始まった。ちょうど千代の富士
の53連勝と時期を同じにしている。平成元年
一月場所、大関北天佑に負けるまで続いた。
その詳細が以下である。

●旭冨士
○小錦
○旭冨士
○朝潮
○北天佑
○小錦
○旭冨士
○朝潮
○小錦
○北天佑
○旭冨士
○小錦
○朝潮
○北天佑
○旭冨士
○朝潮
□小錦
●北天佑

ほかにも大関戦11連勝の記録がある。

大関とは10人対戦している。圧勝している
大関は4人いる。まず大関琴風に17勝1敗で
あり、10連勝している。次が大関若嶋津に
18勝2敗だった。こちらも10連勝している。
ほかに大関北天佑に27勝7敗(2不戦敗を
含む)である。実は北天佑には不戦敗1を
含め5連敗したことがある。しかし、その後
9連勝するなどして盛り返した。また大関
朝潮に19勝8敗と強さを発揮した。

苦戦したのが大関隆の里で3勝5敗と負け
越している。大関北尾に2勝(優勝決定戦
1勝を含む)2敗であった。対戦回数は少な
いが、大関霧島に1勝1敗だった。ほかに
大関大乃国に7勝4敗と迫られた。

全体的には大関に強かった横綱といえる。

<隆の里>

横綱隆の里が強かったのは横綱5場所であと
の10場所は10勝以下が続いた。横綱優勝は
2回だった。対大関戦は14勝8敗であった。
同じ部屋の大関若嶋津との対戦がなく、対戦
した大関はわずか3人であった。大関琴風に
6勝1敗、大関北天佑に5勝3敗であった。
ただ、大関朝潮には3勝4敗と負け越して
いる。同じ夜行列車で上京した横綱2代目
若乃花の対大関戦17勝6敗に少し及ばなかっ
た。

横綱双羽黒は付人に逃げられ、親方(元安念
山=2代目羽黒山)と対立して、前代未聞の
現役横綱の廃業となった。そのため横綱在位
8場所、皆勤6場所で土俵を去っている。
優勝はない。対大関戦は18勝8敗の成績を
残している。大関北天佑に4勝1敗、大関
朝潮に5勝1敗であった。大関若嶋津、大関
小錦に3勝と負けなかった。ただ、がちんこ
大関大乃国には5連敗とついに勝てなかった。

<双羽黒>

(この項目続く)

東京の67人感染が気になります。
興味深いテーマをこれからもお届けします。
イラストとマークの2カ所をクリックして支援してください。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.