大相撲

まだまだ続く土俵女人禁制問題

2018年4月8日

伝統に配慮して、古くからのしきたりでと
いう言葉でこれまで、女性が土俵に上がるの
を拒んできた。それでは女性はなぜ土俵に
上がれないのか。その理由は公の場ではけし
て話されることはなかった。
140126千秋楽
<土俵>

その行き着く先はけして口にはできない女性
は穢れているである。血穢(けつえ)といっ
て血の穢れという考え方から来ている。土俵
は神聖なもの。男が命がけで戦う場である
から汚されたくない、というわけである。
八百長をやっといて土俵が神聖というのは
おかしい、という方がいるかもしれないが。

相撲協会は、女性はなぜ土俵に上がれない
のかを明確にしてこなかった。理由に触れず
に伝統、しきたりでごまかしてきたわけで
ある。二子山(元初代若乃花)理事長は「こ
ういう世界が1つくらいあってもいい」と
やはり理由は言えなかった。そのせいか土俵
の女人禁制の賛成者はどうも男が多いようで
ある。
180204朝赤龍引退相撲 508
<朝赤龍の引退相撲の1コマ>

しかし、ここにきて大相撲の土俵に上がった
女性がいるというニュースが入ってきた。
8日の朝のニュース番組「サンデーLIVE」で、
61年前、高砂一門が愛媛県で巡業したときの
ことである。女性が土俵に上がっている写真
が紹介された。女性は元女相撲出身者である
が、このときは挨拶をするよう求められたと
いう。このニュースは「真相報道 バンキシ
ャ!」でも放送されたからご覧になった方は
多いのでは。
150726千秋楽表彰 017■
<八角(元北勝海)理事長>

女人禁制は今後どうなるのか。協会は一歩
踏み出すのは相当の決断がいる。四本柱を
撤去するとき、部屋別総当たりを実施する
ときにも、内々からそうとう抵抗はあった。
相撲部屋で千秋楽に打ち上げパーティーを
するとき、稽古場に板を敷き詰め会場にする
ことがある。あるいはこの辺にヒントがある
のかもしれない。

多忙な1日でした。

興味深いテーマをこれからもお届けします。

マーク2カ所をクリックして支援して
ください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑ 


当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.