大相撲

■春4日目 戦国場所と化してきた大阪

2018年3月14日

この日、豪栄道が遠藤に敗れ、早くも2敗と
なった。先場所優勝の栃ノ心が貴景勝と激し
い相撲のなか、紙一重で敗れ2敗となった。

三月場所は場所前から優勝争いが話題になら
なかった。それは絶対強者がいなく、出場
する横綱は不安要素を抱える状態だったから
である。横綱が読みきれないのなら大関と
いうことになるのだが、大関、特に大関どま
りの大関ほど弱い存在はない。これでは誰が
優勝するのかまるで見通しは立たない。

実際の土俵はどう展開しているか。横綱鶴竜
は4戦全勝。相撲内容はここまで最も良い。
ただし、このままいくかというとそうはいか
ない。先場所のように突如終盤に4連敗して
脱落した前例がある。本来なら横綱が優勝
してこそ、土俵は締まる。鶴竜はどこまで
勝ち続けられるかで場所の展開が変わる。
180128千秋楽表彰 104
<第2の栃ノ心が大阪で誕生するか>

高安、豪栄道の2大関はすでに2敗で大きな
期待はいだきにくい。この後全勝するほど、
勝負への執念も裏付ける実力もない。せっか
くの優勝のチャンスを生かせないようでは、
限界である。これから先の場所も優勝候補
にはあげにくい。

関脇御嶽海・小結逸ノ城に絶対的力はない。
とはいえ勢いにのれば、大勝する可能性は
ある。昨年6場所すべて勝ち越した御嶽海、
地力をアップしてきた逸ノ城と顔ぶれはそろ
っている。先場所の栃ノ心のように平幕にも
優勝のチャンスはあり得る。

こうみてくると誰が優勝するかまるでつかみ
どころがない。優勝成績は12勝3敗も考え
られる。大阪場所は戦国場所と化してきたと
いっていい。

大阪は知り合いが一番多いところです。
興味深いテーマをこれからもお届けます。

マーク2カ所をクリックして支援してください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑ 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.