大相撲

貴乃花VS協会新たな闘争勃発2

2018年2月9日

2月7日に放送された「独占緊急特報!!
貴乃花親方105日沈黙破りすべてを語る」は
協会に申請がなかった、と協会側は怒り心頭
である。テレビ朝日は報道の一環と見解の
対立をみせ始めている

貴乃花は巡業部長でありながら、協会へ報告
しなかったことが批難されている。警察へ
被害届けを出し、「協会には警察から連絡を
いれていただけますか」と伝えた。改めて
テレビ朝日のインタビュー番組でもそう答え
ている。事件の詳細はわからなったかもしれ
ない。しかし、人任せでは巡業部長は不在も
同然である。事件がおきたことへの電話の
一報を入れることはそれほど難しいことでは
ない。そもそも巡業副部長の玉ノ井(元栃東)
は事件のことを聞いていたのか。はっきりし
ない。

11月2日 貴ノ岩、田川市役所を表敬訪問 
鳥取県警が協会に電話
3日 協会、貴乃花親方、伊勢ヶ濱(元旭富
士)親方に電話ヒアリング 両親方「わから
ないと」と返答
日馬富士暴行
<スポーツニッポンのスクープ>

協会に警察から連絡が入り、暴行事件と把握
したのはいつだったのか。初日前に臨時理事
会があったにもかかわらず、翌日日馬富士は
そのまま土俵に上がっている。「その責任は
きわめて重い」と貴乃花は語っている。また、
「現場にいた力士が土俵に上がるのは神事に
反する」とまでいっている。神事でない他の
スポーツでも出場をストップさせることは
ありえる。事件が発覚したのは場所中の3日
目、11月14日のスポーツニッポンによってで
ある。ここから事件をめぐって過熱な取材
合戦が始まった。

貴乃花は場所中の沈黙の理由を次のように
語っている。「私が語れば語るほどややこし
くなってしまう。協会に対して礼儀がないと
言われてもしかりだと思いますので。警察に
お願いした以上、警察の捜査が終わるまで
語ってはならないと思いますしね。最後の
最後、終わるまで語ってはならないと思い
ますしね。国家・警察に対しての冒涜になっ
てしまいますしね」警察が操作上沈黙を守る
ようにと言っているわけではなさそうである。
理由としてはいささ腑に落ちないし、弱い
ように思える。これだけの事件だから、語ら
ずに伝わることは何もない。
016A8938
<貴乃花部屋の顔>

伊勢ヶ濱(元旭富士)と日馬富士が貴乃花
部屋宿舎にお詫びに来たとき、貴乃花は車中
にあり、そのまま車を出発させた。いかにも
無視した、お詫びは受け入れないという印象
を世間に与えた。この件に関して貴乃花は
「車がスタートした次点で、カメラの方が
同行されて、何十名とおられて、さすがに
そこへ降りていくという…逆に私が降りて
いくことで話題ができてしまうという、それ
は避けるべきと思って」の行動だという。
しかし、伊勢ヶ濱にその説明はしたのか。
そうでなければ不快感だけを与えたことに
なる。

そして十一月場所中、貴乃花と協会首脳の間
で決定的な溝ができることになる。

(この項目続く)

別冊付録がつく鉄腕アトムの復刻版を購入。
興味深いテーマをこれからもお届けます。

マーク2カ所をクリックして支援してください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑    

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.