大相撲

平成30年大阪場所チケット事情

2018年2月4日

数々の不祥事後、大阪場所のチケットが発売
された。売れ行きはどうか。一言でいうと
まったく不祥事を感じさせない凄まじさで
ある。

千秋楽は数秒でなくなった。1枚購入して、
もう1枚購入しようとしても次の瞬間すで
になかった。相撲仲間は、土日祝日を狙った
席より高いチケットを買わざるを得ない状況
であった。例えばイス席Cを購入しようと
してもすでになく、イスAを買わざるを得な
かったという具合である。中にはなにも買え
なかった方が複数出た。

相撲仲間の中にはあらかじめ共同戦線をはっ
た方がいた。例えば千秋楽、14日目及び7日
目、8日目を2人でそれぞれ、2枚ずつ買う
のである。14日目は2枚購入できた方とイス
Aしか出せなかった方がいた。イスAはキャ
ンセルして2枚買えたイスCを分けるので
ある。
三月場所 案内
<三月場所案内>

土日祝日は人気があって当然かもしれない。
それならば平日は悠々と買えたかというと
そうでもない。「買っているそばからなく
なっていく」と嘆いた方が出た。イスCを
購入しようとしたがなく、しぶしぶイスBを
買わざるを得えなかった。それが3枚ともで
あったからたまらない。

大阪府立体育館は約7000人の収容人員である。
お茶屋さんがおさえている席及び先行予約に
割り当てるチケットがあるから、実質購入席
は1日7000人より減少することになる。それ
にしても数時間でほとんど売切れは異常で
ある。裏情報では、にわかネットダフ屋が
新たな手法で商売に動き出しているとのこと
だが、真偽ははっきりしない。

不祥事を吹き飛ばすチケットの売れ行き。
相撲協会は無敵である。

朝赤龍の引退相撲に行ってきました。
興味深いテーマをこれからもお届けます。

マーク2カ所をクリックして支援してください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑    

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.