大相撲

日馬富士 横綱の通信簿

2017年12月3日

思いがけないカタチで突如日馬富士が引退
した。心情的に惜しむ声はあるが、他のスポ
ーツのように大相撲界ではカムバックはあり
得ない。これで日馬富士の横綱の成績が確定
したことになる。それでは日馬富士はどの
ような横綱の成績を残したのか、みていこう。

在位31場所
成績285勝107敗73休み
勝率0.727
優勝6回
12勝以上率0.194
休場率16.6%

これは横綱としてどの程度の成績なのか。
15日制で系統別総あたりの千代の山以降と
比較してみよう。千代の山から稀勢の里まで
横綱は32人いる。
20120926日馬横綱伝達式の日 068
<H24年 横綱昇進 最良日の日馬富士>

日馬富士の横綱在位場所31場所は5年余り。
これは第11位である。この記録は北の湖が
63場所で最高。現役の白鵬が62場所で続いて
いるが、北の湖を抜くのは時間の問題である。
3位は千代の富士の59場所である。

横綱勝利数はどうか。285勝は第12位である。
けっこう健闘している。トップは現役の白鵬
で776勝である。ここまでは積み重ねの数字
である。それでは横綱勝率はどうか。日馬
富士は7割2分7厘で18位とぐっと下がる。
1場所10.9勝に相当する。勝率8割以上は
トップの白鵬以下8人いる。
170924千秋楽優勝パレード 054
<H29年9月 日馬富士最後の栄光>

優勝回数というと通算で扱われるケースが
多いが、横綱優勝回数ではどうか。日馬富士
は5回で14位である。中位に位置している。
横綱優勝20回以上は、白鵬の37回から北の湖
の22回まで5人、10回以上20回未満は貴乃花
の15回、輪島の12回と2人しかいない。

横綱の責任勝ち星は12勝以である。12勝以上
率=12勝以上の場所数/横綱在位場所。日馬
富士は新「イレブン横綱」のため、1割9分
4厘と低く、下から8番目である。ちなみに
このジャンルでトップは玉の海の9割である。
白鵬は8割2分3厘である。7割台はいない
から2人が抜きに出ている。
171113二日目十両 972
<H29年11月二日目 日馬富士本場所最後の土俵入り>

横綱の休場率=(休場数+不戦敗)/在位
場所数*15 日馬富士の横綱休場率は16.6%
で13位である。1位は玉の海の0%、続くの
が白鵬は5.8%である。鶴竜は30.3%で下
から8位であり、稀勢の里は48%で最下位で
ある。

日馬富士は横綱として真ん中くらいの実績と
いえそうである。

旧友S氏と会っていました。
興味深いテーマをこれからもお届けます。

マーク2カ所をクリックして支援してください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.