大相撲

右往左往の外国人初優勝

2017年4月29日

今でこそ外国人の優勝は当たり前の時代に
なっている。いや、それどころか、琴奨菊の
平成28年一月場所の優勝は、日本出身の日本
人優勝としては10年ぶりであった。その間
モンゴル、ブルガリア、エストニアと外国勢
の独占であった。そうした外国人の優勝にも
最初がある。外国人優勝2人目の小錦から
遡ること約17年4ヶ月前、初の外国人優勝を
果たしたのは高見山であった。
貴ノ花
<高見山を追う貴ノ花の記事>
 
昭和47年は、誰が優勝するのかまるでわから
ないというとんでもない年であった。一月
場所から五月場所まで関脇以下の初優勝で
あった。迎えた七月場所、前頭4枚目の高見
山は大関琴桜に負けただけの8勝1敗。追う
関脇貴ノ花は3敗。なお、当時の外国人関取
は高見山一人であった。10日目両者は直接
対決で激突した。この一番を制した貴ノ花が
1差と迫った。

しかし、ここから両者白星を重ねて、差は
一向に縮まらないまま千秋楽を迎えた。高見
山の対戦相手は旭国であった。旭国は再々
入幕2場所目であった。大関に昇進するのは、
この場所を含め24場所後であった。相撲は、
高見山が上手をがっちり引き付け、体を生か
して寄り切った。この瞬間高見山の外国人
初優勝が決まった。
高見2
<高見山優勝にまつわる千秋楽記事>
 
柔道は東京オリンピックでヘーシンクに敗れ、
本家の面目丸つぶれであった。相撲よ、お前
もか、というわけである。「情けない」と嘆く
協会関係者がいた。ショックを隠せぬ者も
いた。武蔵川(元出羽ノ花)理事長がぎっく
り腰になったのは高見山ショックのせいでは
ないか、などとささやかれた。

結局高見山の場合は、相撲部屋で育ち、稽古
してきたのだから、ヘーシンクとはケースが
違うということになった。また、外国人の
初優勝で戸惑ったことがあった。君が代斉唱
なのか、出身の国歌にするのかということが、
まことしやかに言われた。
高見1
<外国人優勝の波紋記事>
 
その後、小錦、曙、武蔵丸とハワイ勢が優勝
していった。そしてモンゴル勢へと移って
いった。だが、外国人初優勝には様々な見方
がいきかっていたのである。

GWは休み返上です。
興味深いテーマをこれからもお届けます。

マーク2カ所をクリックして支援してください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑    

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.