大相撲

■秋9日目 取組の谷間

2016年9月19日

この日、全勝豪栄道は碧山を、1敗日馬富士
は栃煌山を退けて全勝及び1敗を守った。2
敗組では、稀勢の里は千代鳳を、琴奨菊は
宝富士を、高安は大関照ノ富士に勝って2敗
を維持した。ただ、隠岐の海は魁聖に敗れ、
2敗に後退した(上位限定)。
160919九日目幕内 130
<遠藤は蒼国来を退けて1敗を守る>
 
3連休最後の敬老の日は、終日雨となる肌
寒い1日となった。それを反映したわけでは
なかろうが、好取組が乏しい日だった。今日
は取組の谷間か、と思えるほどだった。稀勢
の里に挑む千代鳳は、わずか1勝しかして
いないのが象徴していた。1敗遠藤は3勝
しかしていない蒼国来戦では、もうひとつ盛
り上がらない。
160919九日目幕内 399
<向こう正面に座った
女優秋元才加嬢>
 
通常は、観客が心待ちする取組へ向かって
進行し、クライマックスを迎えて興奮に達
する。だが、それがなく、平坦な進行になっ
た。それが、10日目は一転して様変わりする。
2敗同士の高安対隠岐の海戦、同じく稀勢の
里対琴奨菊戦が実現する。この落差はきわ
めて大きい。
160919九日目幕内 687
<稀勢の里、千代鳳に予想通り圧勝>
 
正門がある壁には「本日は満員札止め」の
張り紙が貼ってある。だが、本来は「本日も
満員札止め」と書いてあってもおかしくない
ほど、相撲人気はこの上がないほどの状況
である。人気に応えるためにも、バランスの
取れた取組はできないものか、と思わずには
いられない。

雨はしばらく続きそう。

興味深いテーマをこれからもお届けます。
マーク2カ所をクリックして支援してください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑     

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.