大相撲

出羽海の系統14

2015年6月27日

元出羽ノ花の出羽海と元横綱千代の山の九重は17歳の年の
開きがあった。次の出羽海は自分という思いが九重には
あった。だが、それはある事件によって打ち砕かれた。
その事件とは元出羽ノ花が出羽海になった1960(昭和35)
年12月から約2年4ヶ月後の1963(昭和38)4月に
おきた。大関佐田の山が出羽海の市川家に婿入りしたのだ。
九重の先行きがにわかにあやしくなった。
武蔵川
<出羽海>
 
当時の出羽海部屋は先々代出羽海(元両国(前名国岩))
と先代出羽海(元常ノ花)の遺族と部屋の後援会である
出羽海会の共同名義になっていた。部屋の後援会が部屋の
名義人になっているというのは非常に珍しいカタチだが、
相続の金銭問題でごたごたしないための処置だった。
それが1966(昭和41)年9月に鉄筋ビルにつくり換えた
とき、部屋の名義は横綱佐田の山のものになっていた。
これは出羽海の資金力によるところが大きいのだが、 
これで九重の出羽海継承の可能性は完全になくなった。
佐田の山
<佐田の山>

九重は1966(昭和41)年8月から胸の疾患で入院していた。
このとき独立の腹を固めていた。この当時独立した元
若乃花の二子山、元玉乃海の片男波が弟子集め、弟子の
育成に熱心に力を入れていた。1966(昭和41)年七月場所
時点の出羽海部屋の力士は横綱佐田の山、大関北の富士、
幕内海乃山、福の花、義ノ花、小城ノ花、十両金乃花、
禊鳳などがいた。独立にあたっては連れて行く弟子の問題が
あった。当時の関取は先代出羽海と九重が連れてきた
弟子がほとんどであった。
千代の山
<千代の山のブロマイド>
 
九重が独立した場合、同郷の北の富士、禊鳳、松前山の
気持ちを確認する必要があった。特に上京したとき九重が
わざわざ駅まで出迎えてた北の富士が重要ポイントで
あった。さらに部屋をどこにかまえるか。後援会の設立
はどうするか。この点は問題なかった。翌年の1967(昭和
42)年一月場所後、九重は秀の山(元笠置山)を通じて
独立を申し入れた。分家独立を許さずという出羽海の
不文律は九重の独立劇にどういう回答を出すか注目が
集まった。

記事をお読みいただきありがとうございます
よければこちらをクリックいただけると幸いです。”土俵の目撃者”
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


相撲 ブログランキングへ 

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑   

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.