大相撲

勢あの日あの時

2015年2月22日

明日23日は三月場所の番付発表である。三月場所は大阪で
おこなわれる。大阪が地元の勢の人気が高いのは当然だが、
このところ勢の人気は全国区になってきたような気がする。
勢は幕下までは6場所で突破したが、幕下では一進一退を
繰り返していた。幕下在位中は十両に1場所でも上がれば
上出来かと思う時期があったほどである。
141106九州前夜祭続 067
<歌う勢2014年九州場所前夜祭>
 
それが今や幕内に定着し、敢闘賞を2度受賞し、小結まで
上がった。2014年九月場所、旋風を巻き起こした逸ノ城を
熱戦の末倒したのは圧巻であった。勢が幕下にいたのは
32場所であった。年間成績は2006(平成18)年16勝13敗、
翌年以降20勝22敗、23勝19敗、21勝21敗、26勝16敗、最後
の年となった2011年は15勝13敗、幕下トータル121勝103敗で
十両昇進を決めた。勝ち越しは17場所であった。
140920七日目I 幕内 1130
<旋風児逸ノ城を倒した勢2014年九月場所>

その勢の苦労した幕下時代を写真で振り返ってみる。
2007三月7日目幕下 勢対大想源
 <勢対大想源(後の千昇)2007年三月場所7日目>

080127千秋楽幕下以下 139勢
 <勢 2008年一月>

080127千秋楽幕下以下 152勢対北園
 <勢対北園 2008年一月場所14日目>

081122十四日目風景幕下以下 251大河対勢
 <大河対勢2008年十一月場所14日目>

090522十三日目幕下以下 626勢対阿阿夢露
<勢対阿夢露2009年五月場所13日目> 

100926千秋楽幕下以下 659勢対碧山
 <勢対碧山2010年九月場所千秋楽>

110721名古屋十二日目幕下以下勢対旭日松
 <勢対旭日松2011年七月場所12日目>

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.