大相撲

悲惨な現代大関事情

御嶽海が6勝9敗-2勝5敗8休コロナ部屋ごと休場
-4勝11敗で大関の座を追われた。十一月場所は関脇
だが、10勝以上すれば大関に復帰できる。これは昭和
44年七月場所以降実施された規定である。貴景勝は
この規定で大関復帰を果たしている一人である。な
お、この規定で大関に復帰し、その後横綱に昇進した
のが三重ノ海である。

<御嶽海>

といって十一月場所御嶽海の大関復帰がそれほど話題
になるとはとうてい思えない。本来七月場所の部屋
ごと休場でカド番が延期になったことでラッキーと
思い、九月場所にかけるはずである。ところが幸運を
生かすどころか、九月場所では思いもよらない弱弱
しい御嶽海の姿だった。あっさり負ける。誰とやって
も勝てそうもない。弱過ぎる大関はいらない。

弱過ぎる大関は正代も同様である。今年5場所は6
勝-9勝-5勝-10勝-4勝で34勝41敗である。たま
に強さを発揮することがあるが、とにかくよく負け
る。十一月場所はカド番だが、話題にはならない。
もはや大関にいようがいまいが、大関の実力がない
のは明白である。大関がよく負けるため、関脇、小
結、前頭上位は混み合っている状態が続いている。

<正代>

1勝途中休場-8勝-8勝と芳しくないスタートを
切った貴景勝は、その後11勝-10勝と多少持ち直して
きた。ただし、優勝争いには加われないでいる。心
なしか、貴景勝の押しの威力が減退しているように
思える。そのため、必死の土俵が続いている。攻め
切れなかったら敗北につながる。押しの先輩大関の
若羽黒、大受はそろって大関から陥落している。貴景
勝には踏みとどまっていただきたいが。

<貴景勝>

昭和以降最高位大関が強かったことは少ない。だが、
現代ほど弱体化した時代は稀である。まるで晩年を
迎えた大関がそろったようである。大関はこれまで
受難の中間管理職に例えられてきた。だが、関脇で
一時的に好成績をあげてきた力士への名誉地位のよう
に思えてならない。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.