大相撲

名古屋場所事情の変貌

名古屋に赴いていると、情報の変更に気がつかない
点が出ることがある。千秋楽といえば場所のクライ
マックスであり、特別な日である。協会ご挨拶があ
り、各段優勝者の表彰がある。さらに是より三役、
幕内優勝の表彰がある。優勝者のインタビューが聞け
る。

その翌日の月曜がなんと新聞休刊日なのである。これ
はいささかしらける。通常は第二日曜の翌日が多い。
以前は第一日曜の翌日の月曜であった時期があった。
今回第二日曜に参議院選挙があり、変更したのであろ
う。それがよりによって千秋楽の翌日なのだからしま
らない決定である。

<新聞休刊日コンビニ発売のスポーツ報知>

もっとも新聞休刊日でもコンビニではスポーツ紙は
販売されている。ただ、それでもそうはいかない事情
の方もいるであろう。そもそも新聞休刊日は時代に
そった処置なのだろうか。新聞は配ることなく、家で
見られる。あるいは購入しやすいものになってもおか
しくはない。新聞販売店の運営をどうするのか、と
いう問題は残るが。

テレビ放送にも変化があった。NHKのハイライト
番組、幕内全取組の開始時刻がまちまちであった。
最近は定刻が続いていたので珍しいことだった。初日
は選挙の影響でBS1のみの放送であった。15日間
予約録画しておく身としては地方場所の大相撲中継
情報をみておいたのであらかじめわかってはいたが。

<カラー読物>

地方場所はカラー読物が会場で配布される。名古屋
場所特有の2色の取組表とともに配られた。ところ
がそれは8日目までで、9日目以降にはなくなって
いた。思いおこすと三月場所も同様であったように
記憶している。それ以前はおいてあってお客さんが
自分で取っていた。マニアは収集している方もいる
だけに、なんともさびしい後半であった。

酒1本、軽食は黙食でが、途中から飲食禁止になる
など変貌が多い名古屋場所事情であった。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.