大相撲

大相撲!根本的疑問

★大鵬と柏戸、北の富士と玉の海はどちらが先に横綱
になったのですか。

よく同時横綱昇進という表現が使われるが、同時と
いうのは○時□分△秒まで一致することである。1
機関の決定ではありえない。正確には「同日横綱昇進」
が正確な表現である。東正大関で連続優勝した大鵬、
昇進直前優勝がない柏戸では、柏戸が先に決まる道理
がない。

<大鵬>

協会が言う先に引退したほうが先の代はまったく理論
的でないし、おかしい。同様に東正大関で連続優勝
した北の富士が玉乃島(玉の海)より先に決定したと
みるのが自然である。協会の言うことを鵜呑みにして
は、真実は見えなくなる。

<北の富士>

★A級横綱が発表されましたが、B級横綱は誰になり
ますか。

実質横綱が地位化した常陸山以降の東京横綱でA級
横綱を次のように選出した。
常陸山
太刀山
大錦
栃木山
常ノ花
玉錦
双葉山
栃錦
若乃花
大鵬
玉の海
北の湖
千代の富士
貴乃花
朝青龍
白鵬

1場所11.5勝は勝率0.7667に相当する。これを1つの
目安とした場合次の横綱がピックアップされる。それ
だけではなく、同時に横綱優勝率を併記した。

   横綱勝率横綱優勝率
羽黒山0.788  0.2
曙  0.7797  0.1667
梅ヶ谷0.773  0.083
北勝海0.767  0.206
準じるのが
輪島 0.766  0.255
武蔵丸0.763  0.259

<羽黒山のブロマイド>

梅ヶ谷は東西制の勝率で幕内最高成績率がよくないが、
時代の限界かもしれない。輪島、 武蔵丸の横綱勝率
は準じる成績だが、横綱優勝率がいいので加えること
にした。この6人をB級横綱とした。

★時津風は立浪の分家なのに最初から袂を分かち、
別々の一門につき進んだのはなぜですか。

立浪部屋は明治の末、元小結緑嶋がおこした部屋で
ある。一代で横綱双葉山・羽黒山、大関名寄岩、関脇
旭川などを育てた。立浪(元緑嶋)は双葉山に「ほう
びに娘をやろう。部屋も継がせる」ともちかけた。
だが、双葉山には心を決めた女性がいた。それだけ
ではなかった。立浪(元緑嶋)と双葉山は様々な点で
意見が折り合わなくなっていった。その結果、双葉山
は現役のまま昭和16年、双葉山相撲道場として独立
した。

<双葉山のブロマイド>

独立しても立浪一門の枠内ではやがて弟弟子の元羽黒
山を盛り立てることになる。そこで、双葉山相撲道場
及び引退後の時津風部屋は、部屋の併合で勢力拡大に
向かっていった。といっても破門ではないので、系統
別総当たり制では、立浪部屋と時津風部屋の力士の
対戦はなかった。鏡里と若羽黒の対戦はなかった。
現在、立浪一門は存在しない。元旭豊の立浪が理事選
で貴乃花を支持したことが消滅のきっかけとなった。

★昭和35年の大相撲専門誌に次の文がありました。
「理事、監事は評議員の投票によって選ばれ……」
評議員とは何のことですか。

現在の評議員は理事の任命、解任をする権限を持つ方
である。海老沢評議員会議長をはじめ7人で構成され
ている。そのうち3人は元鷲羽山をはじめ元年寄で
ある。専門誌で表記されている評議員は年寄+力士
4人以内+行司2人以内を意味している。彼らの投票
によって理事、監事(今の副理事)が選出された。

<武蔵川(元出羽ノ花)>

取締は理事の互選によって選ばれた。当時、取締は
元双葉山の時津風理事長、元羽黒山の立浪取締、元
前田山の高砂取締、元出羽ノ花の武蔵川取締であっ
た。取締は昭和43年の機構改革でなくなった。また、
平成26年1月30日公益財団法人になったとき、力士・
行司の投票はなくなった。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.