大相撲

若隆景の地力を考察

三月場所の若隆景の優勝はまさに予期せぬ
出来事であった。新関脇の優勝は双葉山以来
といっても双葉山は全勝優勝だし、69連勝へ
スタートしていた。中身が違いすぎるので
双葉山を引き合いにだされても困惑してしま
う。若隆景は今まで上位では10勝5敗が最高
成績だった。それだけにこの優勝を大関への
足がかりにできるのか。考察してみよう。

<三月場所優勝若隆景>

三月場所の序盤戦。玉鷲、阿武咲、明生と
順調に白星を重ねていった。玉鷲にはこれで
5連勝と1度も負けていない。明生はこの
場所1勝14敗とどん底だった。4日目霧馬山
に突き押しで先に攻め込まれ、はたき込まれ
て1敗した。これで霧馬山には3連敗となっ
た。通算2勝3敗である。5日目、豊昇龍に
完勝した。

<霧馬山に1敗>

中盤戦。6日目の隆の勝は圧力をかけてくる
相手だけに苦戦したが、逆転した。これで
対戦成績は4勝4敗となった。7日目大栄翔、
8日目宇良に危なげなく勝利。9日目の逸ノ
城戦は長い相撲になったが、辛抱していい
体勢をつくって勝利した。10日目の阿炎戦は
初顔合わせだったが、一方的な相撲で勝った。

終盤戦は優勝がらみの対戦となった。11日目
全勝の高安に完勝。この場所の優勝決定戦を
いれて対戦成績を7勝2敗とした。12日目
2敗の琴ノ若と対戦。前回の対戦が2020年
十一月場所だから久々の対戦となった。得意
のおっつけが出て退けた。これで対戦成績を
3勝とした。

<高安に完勝>

13日目御嶽海に圧倒され2敗目。対戦成績も
2勝7敗となった。14日目の貴景勝戦は必死
の力で勝った。貴景勝には4連敗中だった。
通算でも2勝5敗である。

千秋楽は前日勝ち越してカド番を脱出した
正代。正代はほっとしているかと思いきや
かえって思い切り攻めることができ、若隆景
は完敗した。これで正代には4連敗。通算
3勝5敗となった。若隆景はまだ大関に通じ
る力はなかったことが明確になった。

<正代に完敗>

若隆景の実績は三月場所の12勝だけである。
まだ2ケタ勝てる安定した地力の域までは
いっていない。五月場所はほかの力士の若隆
景を見る目が違ってくる。三月場所対戦が
なかった照ノ富士戦が五月場所に帰ってくる。
対戦成績は1不戦勝8敗である。若隆景は
土俵の上で勝ったことはない。3大関は強敵
になる。

要注意が対戦成績2勝3敗の霧馬山、4勝
4敗の隆の勝、4勝3敗の大栄翔、3勝2敗
の豊昇龍である。豊昇龍には2021年九月場所、
一本背負いで負けたことがある。阿炎も油断
できない存在である。

<豊昇龍の一本背負い>

若隆景は彼らを相手に五月場所どのような
成績を残すのだろうか。関脇優勝後8勝に
終わった長谷川・輪島の例もある。偶然にも
長谷川、輪島も12勝優勝だった。若隆景は
なんとか奮闘して10勝し、翌場所につなげ
たいところである。五月場所は若隆景にとっ
て勝負の場所になる。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.