大相撲

■22春12日目 意気込みが失われた御嶽海

1敗高安と2敗大関御嶽海が結びの一番で
対戦した。しかし、御嶽海には大関の責任
からほかに優勝は渡せないとか、確率の低い
新大関優勝をやってやる、という意気込みは
感じられなかった。だからいやな予感がした。
高安戦にかける闘志がないということは負け
を意味していた。

<御嶽海>

そして相撲はその通りになった。御嶽海何も
できずの負けであった。高安の強さという
より御嶽海の無力感のみが目についた一番と
なった。この瞬間思った。御嶽海の横綱は
遠のいた、もしくはないと。

<御嶽海、何もできずに高安に敗退>

相撲にかける執念といえば栃錦は横綱羽黒山
の技が決まってから3つの技を繰り出した。
若乃花は千秋楽、栃錦相手に本割と優勝決定
戦を史上初めて制した。大鵬は負けない相撲
を指導され、自分を脅かす者が現れると師匠
の二所ノ関(元佐賀ノ花)は「時代が変わる
ぞ」とはっぱをかけた。マムシ、土俵の鬼、
王者は心構えが違う。御嶽海の相撲に取り
組む姿勢は横綱不在のなかではあまりにも
寂しすぎた。

1敗若隆景は2敗琴ノ若を退けた。琴ノ若は
上位で勝ち越した経験がない。上位との対戦
はまだ力不足であった。優勝戦線、若隆景は
高安とトップ併走となった。

若隆景のこれからの3日間は通常なら3大関
戦になる。正代は気迫をみせてきて7勝5敗
までこぎつけた。侮れない相手になってきた。
それは高安にもいえる。

<琴ノ若を退けて1敗を守った若隆景>

大関が3人いながら、最後まで優勝争いが
できない流れになってきた。3敗御嶽海は
数字上可能性があるが、やる気がともなって
いない。横綱休場でも存在感を示せなかった
大関って耐えられない存在の軽さである。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.