大相撲

2022年三月場所の視点

2019年以来の有観客による大阪開催である。
人気はどうか。マス席は土日祝日、13日目は
完売である。イス席は15日間購入できる。
ただ、千秋楽はイスCが残りわずかである。
大阪の相撲仲間の一人は通常開催になるまで
観戦にいかないという。今の情勢だと、通常
開催になる見通しは立たない。

<大阪会場入り口>

大多数の相撲ファンはテレビ観戦が主であろ
う。ただし、この時期は鬼門である。高校
野球が3月18日から始まる。NHK総合では、
大相撲放送の開始予定は16時からになる。
千秋楽でさえ、15時30分の放送開始予定で
ある。

初代若乃花は「野球は敵だ」と言った。戦後
まもないころ、食糧事情は悪く、国技館は
占領軍に接収され、本場所を開催するのさえ
ままならなかった。また開催しても観客の
入りは悪かった。

<若乃花のブrpマイド>

神宮の野外興行は観客よりムシロだけが目立
っていた。すぐ隣の神宮球場は大歓声でわい
ていた。「あちらは学生さんの野球ではない
か。こちらは商売でやっているのに」家族が
多く、なんとか養っていかなければという
若乃花の思いが「野球は敵だ」という言葉に
なった。

プロの大相撲が学生の高校野球に時間を明け
渡す。これが現代の大相撲の実態である。
大相撲を見るためだけに総合放送受信料を
払っている方からすれば、やるせない思い
である。

嘉風引退相撲では多くの新型コロナウイルス
感染者及び濃厚接触者を出した。力士では
横綱三役はゼロとなった。あれから34日経過
したが、どこまで力士は回復したのか。また、
合同稽古がなかったが、鍛錬は大丈夫なのか。
稽古不十分では熱戦になりにくい。

<嘉風引退相撲は十両幕内合同土俵入り>

正代、貴景勝がそろってカド番だが、近年
カド番が話題になることはほとんどない。
そもそも大関2場所連続負け越しで大関降格
という規定が大関を弱くしている。人間は
どうしても甘いほうになびく。

1年間に2回負け越したら降格でもいい。
1年間に2ケタ勝利が2回あげられないと
降格ならなおいい。大関昇進前の成績がよく
検討されるけど、大切なことは大関昇進後で
ある。今の規定は間違いなく大関を弱くして
いる。2ケタ勝てない大関なんていらない。

<貴景勝(左)と正代>

大阪場所は明後日初日である。

焼酎を飲んでいます。            
興味深いテーマをこれからもお届けします。 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.