大相撲

朝乃山の相撲内容を採点する1

一月場所、朝乃山が10勝したことで三月場所
は大関昇進をかける場所のような雰囲気が
出ている。大関が貴景勝一人ということが
流れを加速している。しかし、朝乃山は大関
を狙える相撲内容だったのか。改めて検証
してみる。

そこで朝乃山の15日間を採点してみる。点数
は5点制で、細かく採点するため、小数点
0.5まで採用することにした。採点は勝ち
負けではなくあくまで相撲内容である。

初日 御嶽海 4点

立ち合いは御嶽海が優ったが、朝乃山腰は
くずれない。御嶽海のはたきにつけいって
右四つで休まず攻めたのが勝因。

2日目 玉鷲 3.5 点

玉鷲の突き起こしから突き合い。朝乃山に
はたきがでたが、素早く左ざし深く、ふと
ころに入って勝負を決めた。

3日目 隠岐の海 5 点

朝乃山素早く右四つ一気の寄り。文句なしの
相撲。

4日目 阿炎 2 点

阿炎の回転の速い突っ張りから一気の攻めで
朝乃山くずれる。阿炎の突っ張りののど輪が
ヒットしたことが勝負に影響した。

5日目 遠藤 1.5 点

朝乃山、左四つ速攻に敗れる。何もできなか
った。遠藤のうまさ勝ち。

6日目 妙義龍 3.5 点

動きのいい妙義龍を右四つに組止めたことが
ポイント。

7日目 北勝富士 5 点

朝乃山、鋭い踏み込みから右ざし、一気の
寄り。素晴らしい相撲内容だった。

8日目 正代 2.5 点

朝乃山あたって突っ張るも、正代が逆襲で
左ざし。朝乃山出るところをひねりつぶす
ようなすくい投げ。相撲が強引だった。

(この項目続く)

歴史番組の録画を見ています。
興味深いテーマをこれからもお届けします。
イラストとマークの2カ所をクリックして支援してください。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.