大相撲

■秋11日目 明暗分けた2敗組

2019年9月18日

5人が2敗といっても同列ではない。明生・
隠岐の海は上位の強豪との対戦は皆無である。
今後明生・隠岐の海と上位好調組の取組は、
組んだとしても2番くらいになる恐れがある。
審判部に「喝」をいれるためには、彼らの
なかから優勝したほうがいいのかもしれない。
朝乃山優勝のケース、すなわち大関豪栄道戦
のみで鶴竜・高安戦なしでも懲りない面々に
対しては、そのくらいのショック療法が不可
欠である。

さて、2敗組の対戦相手で負ける率が低い順
をみたてた。
御嶽海対竜電5勝5敗
明生対石浦6勝4敗
貴景勝対栃ノ心5勝5敗
隠岐の海対剣翔7勝3敗
朝乃山対北勝富士4勝6敗

実際はどうなったか。石浦には怖さがない。
明生を脅かす要素がない。相撲はその通りに
なって、明生が立ち合いから圧倒して一気に
寄り切った。剣翔は前日明生から勝利して
いる。剣翔は体格があるだけに、油断ができ
ない。隠岐の海、立ち合い鋭くあたるも、
剣翔、まわり込むようにはたき気味に肩透か
しを決めた。隠岐の海は3連敗で、勝ち運
から見放されている。
190918十一日目幕内 523
<隠岐の海は3連敗>

朝乃山は初日突き押しのパワー系御嶽海に
素早く左まわしを取って勝負を決めた。同系
統の北勝富士に対しても狙っていきたいとこ
ろである。だが、北勝富士はあたり、二の矢
ではず押し、休まず一気に攻めて押し出し
た。関脇以下最強の御嶽海はまさかの展開と
なった。御嶽海、突き押しで攻めていったが、
竜電に右をさされ、そのまま負けた。
190918十一日目幕内 1189
<御嶽海3敗で後退>

幕内上位の2人が負け、いやな流れのなかで
貴景勝対栃ノ心戦が始まった。相性がいい
栃ノ心とはいえ、激しく攻め続けて圧倒し、
送り倒し。貴景勝会心の相撲であった。上位
でただ1人2敗を守った。
190918十一日目幕内 1274
<貴景勝会心の相撲>

貴景勝対明生は果たして実現するのだろうか。
少なくとも明日12日目はない。

帰り、雨はあがっていました。

興味深いテーマをこれからもお届けします。
マーク2カ所をクリックして支援して
ください。
よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑ 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.