大相撲

2019年九月場所の視点

2019年9月7日

このところ引退ラッシュである。九月場所後
には元里山、元稀勢の里の引退相撲がある。
一月場所後には元豪風の引退相撲がおこなわ
れる。元豪風は今日7日相撲塾で、体重減の
近況、入門のいきさつや隠岐の海との関係、
2度の一本背負い秘話など、楽しい話を超
満員の相撲ファンに語っていた。安美錦は
先場所引退した。
190907初日前日 971
<相撲塾で語る元豪風の押尾川親方>

荒汐部屋を来年三月に引き継ぐ蒼国来の引退
は必至である。そんななか、十両7枚目嘉風
が初日から休場した。全休なら幕下落ちと
なり、引退という見方が出ても不思議では
ない状況になってきた。もちろん、途中出場
して5勝をあげれば十両に残留できる。果た
して嘉風が選ぶ道はいずれになるのか。

栃ノ心以来の初優勝は16場所中5回である。
初優勝率は31%である。ここ1年間だと6場
所中3場所である。急に50%にはねあがる。
5回の初優勝はいずれも場所前には予想され
ていない結果であった。九月場所初優勝が
出るとしたら、それこそ予想外の力士になり
そうである。その一方で日本人に帰化した
白鵬が充実しているという情報がある。
190907初日前日 682
<朝乃山、優勝額の前で>

貴景勝が大関を転落した。カド番の豪栄道、
栃ノ心は果たして大丈夫か。関脇・小結・
前頭上位には難敵、要注意力士が勢ぞろい
している。年齢的には豪栄道33歳、栃ノ心
31歳と上がり目はない。下手をしたら引退も
ありえる。

先場所は横綱・大関リーグ戦がたった一番
しかおこなわれなかった。九月場所も2横綱、
2大関が対戦しても最大限6番である。休場、
引退が出たら、さらに減る恐れはある。取組
編成は手腕を発揮しないと、取組に谷間の日
ができたり、これより三役に平幕が登場した
りすることになる。
190907初日前日 187
<カド番豪栄道>

昨年の九月場所は三賞受賞力士ゼロという
史上初の珍事が起こった。これでは土俵の
充実にはほど遠い。今場所こそ各力士の奮闘
が望まれる。九月場所はいよいよ初日を迎え
る。

台風にそなえ、幟が片付けられていました。

興味深いテーマをこれからもお届けします。
マーク2カ所をクリックして支援して
ください。
よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑ 


当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-,

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.