大相撲

さようなら松鳳山

2023年2月11日

松鳳山
福岡県出身 松ヶ根部屋から二所ノ関部屋(共に元
若嶋津)さらに放駒(元玉乃島)部屋へ
最高位小結 殊勲賞1回 敢闘賞3回 金星5個
永い間元若嶋津の部屋の看板力士であった。
体型は大きくないが、元琴錦の朝日山は理想の
力士体型と語っていた。

<博物館前で出迎える松鳳山>

2023年2月11日、松鳳山の断髪式がおこなわれた。
それだけではない。ハサミを入れてきた。松鳳山と
は2013年のジャカルタ巡業以来の縁である。昨年す
でに断髪式の案内状が届いていた。

ハサミを入れて思った。松鳳山こそ相撲界に必要な
方だったと。それほどの実績を残した力士だったと。
それがかないわないと知った時の落胆、物寂しさが
心に充満した。

<元常幸龍がはさみを入れる>

相当の人数が名簿に記載されていた。そのなかに元
常幸龍、元皇風、元千代大龍などが入っていた。女
性のはさみも相当数だった。琴剣夫人もそのなかに
いた。

肉親は2人の幼い息子さんをはじめ何人かが参加し
た。協会員からは部屋の主な力士、関取では島津海、
一山本がハサミをいれた。ほかに高安など10力士が
加した。親方では元稀勢の里の二所ノ関など10人ほ
どハサミを入れた。

前おかみさんの日高みづえさんが最後から3番目で
あった。現師匠の放駒がはさみを入れた。放駒を土
俵に残したまま前師匠の元若嶋津の荒磯が止めばさ
みを入れた。松鳳山、放駒、荒磯は三方に礼をして
断髪式は終了した。

<前師匠元若嶋津が最後のはさみ!右元玉乃島>

第2部は地下大広間での小宴会であった。冒頭放駒
が御礼の挨拶を述べた。その後演目が続き、最後に
整髪した松鳳山がご挨拶に立った。松鳳山というと
難しい力士と思いがちだが、笑顔の登場となった。
中締めが行われ、国技館を後にした。

<整髪した松鳳山>
当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.