大相撲

大相撲専門誌の行く末

大相撲専門誌「スポーツ報知大相撲ジャー
ナル」が決算号を出版しなくなって2場所が
経過した。決算号が出なくなったのは突然で
あった。「NHK G-Media大相撲中継」に
続いて2誌目である。今決算号が見られる
のは「相撲」だけになった。こうした現状は
採算の問題が大きいと考えられる。それだけ
に専門誌はパワーを失っているように見える。


<「相撲」秋場所総決算号>

大相撲ファンになるきっかけはテレビ中継で
あった。もっと詳しく知りたくて、大相撲
専門誌を読むようになった。展望号には今
では見られないが、優勝力士一覧、三賞力士
一覧が掲載されていた。問題点を探ったり、
気付かない視点を捉えたり、相撲の真髄、
歴史等を知らしめてくれた。

昭和は、専門誌がまちがいなく面白かったし、
興味深かった。その役割は大きかった。相撲
好きが本格化すると相撲好きの会ができ、
交流がひろがっていく。筆者がいた相撲の会
では、イベント、会報の発行、番付予想コン
クール、勝負予想コンクールなどがおこなわ
れていた。イベントでは貴ノ花の招待、小島
貞二氏の大相撲話などが忘れられない。相撲
の合宿、大会も行われた。この会は35年続い
た。

<かつて発行された「大相撲」>

現代はインターネットの時代である。あら
ゆる大相撲情報だけでなく、取組さえも見ら
れる。それだけに大相撲専門誌の立位置は
難しいのかもしれない。筆者は雑誌の編集の
世界にいただけにこれだけは言える。企画を
もって編集と成す。雑誌の面白さは企画次第
である。これは他の雑誌を手がけた編集者の
口からも聞いた。専門誌にしかできないこと
は何か。大相撲に対する情熱とともに、原点
に立ち戻る時期に来ている。

「大相撲」から学んだことは大きかった。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.